ガッチマンが『サイコブレイク』を語る「ゲーマーの習性を利用したトラップに何度もハメられた(笑)」【ホラゲレビュー百物語】

画像は【ニコニコ動画】【実況】純粋なるサバイバルホラーの帰還 サイコブレイク:01より
画像は【実況】純粋なるサバイバルホラーの帰還 サイコブレイク:01より

【ゲーム概要】

 『バイオハザード』シリーズの生みの親として知られる三上真司氏がディレクターとして手がけたサバイバルホラーゲーム。主人公の刑事・セバスチャンが向かった精神病院にて、同僚の警察官が謎の力によって次々と殺害されていく姿を目撃。自身も何者かに襲われて意識を失い、怪物の跋扈する狂気の世界へと迷い込んでしまう。物語は15のチャプターに分かれており、章が進むごとに真実が明らかになっていく。

ガッチマンのひとことレビュー

 『バイオハザード』の三上真司さんの、ベセスダ・ソフトワークス移籍後の第一作目ですよね。「サバイバルホラーの帰還」と銘打っていて、プレイしたときは「久しぶりに正統派がど真ん中で来た!」と嬉しかったです。銃の撃ち合い、敵の気持ち悪さ、武器の兼ね合い……どれもよく出来ていて、まずは『バイオハザード』が好きだった人たちが楽しめる作品です。

 ただ、昔よりも進化しているところもあります。昔のホラーゲームって、ちょっと操作性を悪くして恐怖感を煽ったりするじゃないですか。『バイオハザード』や『零』は必要以上に足が遅いですよね。その点『サイコブレイク』は、ホラーとして成立している上で、ものすごく操作性が高いんですよ。

 印象に残っているのは、ラウラというクモ女との戦いですね。

 単純に銃でのパワープレイでは倒せなくて、色んな仕掛けを駆使しないと倒せないんです。でも、画面をよく見ると火の樽が置いてあったりして、「あそこを撃ったら火が出るんじゃないか」と自然にアイデアがでるように誘導されて、咄嗟に思いついた仕掛けを次々に使っていけるんです。

 なんだかホラー映画の中に入ったみたいで、すごく面白かったですね。

 このゲームは、全体的にそういう誘導がもう”いやらしい”と思うくらいに上手いんです。

 僕の場合、よくトラップに引っかけられましたよ(笑)。配置場所が実に巧妙で、死角にあったり、二段構えになっていたりするんです。こっちに背を向けた敵を見つけて「しめた!」と思って後ろから殴りかかろうとしたら、ちょうどそこに仕掛けられたトラップを踏まされて……とか、何度もハメられるんです。

 一番ヒドかったのは、引火性のガスが充満した部屋で、死体みたいなものを発見したときですね。ゲーマーの習性なのか、「こいつ絶対に動き始めるから、先手を打って燃やしておこう」と思ったんですよ。実況では「ここは火気厳禁ですね」とか自分で言っているんですけれど、ついつい身体が反応してマッチをシュッとつけてしまって……案の定の大爆発でしたね(笑)。

 ちなみにそのミスには思い当たる節があって、『バイオハザード』のリメイク版で死体を放置しておくと凶悪になって襲ってくる「クリムゾンヘッド」というゾンビがいるんです。すぐに燃やさなければいけないやつだったんですが、あのミスはたぶん、そのときに植え付けられた恐怖によって引き起こされたものです。ホラーゲームが好きな人が引っかかりやすいトラップだったのかもしれません(笑)。

(動画投稿:ガッチマンさん)

プロフィール
  ニコニコ動画で活躍する実況プレイヤー。ホラー系ゲームを「怖くないように見せる」プレイスタイルが評判。自らを「ゲーム紹介おじさん」と称し、ゲームの良さを前面に出したその実況スタイルは評価も高い。

サイコブレイク

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
2014年10月23日Tango Gameworks/ベセスダ・ソフトワークスWindows/PlayStation 3/PlayStation 4/Xbox 360/Xbox One
特記事項
なし

(C) 2014 ZeniMax Media Inc. All other trademarks or trade names are the property of their respective owners. All Rights Reserved.

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ