ガッチマンが『The Last of Us』を語る「このゲームの世界観では、本当に怖いのは人間」【ホラゲレビュー百物語 】

※画像はPlayStation 4版『The Last of Us Remastered』のものです。 (プレイステーションオフィシャルサイトより)
※画像はPlayStation 4版『The Last of Us Remastered』のものです。
プレイステーション® オフィシャルサイトより)

【ゲーム概要】
 『アンチャーテッド』シリーズなどで知られるノーティドッグが手がけたアクションアドベンチャーゲーム。謎の寄生菌によるパンデミックで人類の大半が死滅した世界で、プレイヤーは中年男性ジョエルを操作して14歳の少女エリーを守りながら、崩壊したアメリカを旅していく。ゲーム中では菌に寄生された「感染者」や、限られた資源を狙ってくる「人間」が襲いかかってくる。発売後から数々のメディアから高い評価を受け、2016年現在、史上最多のゲーム・オブ・ザ・イヤー獲得タイトルとなっている。

ガッチマンのひとことレビュー

 このゲームは、「完璧なゲームだ」って言う人が多いですよね。
 実際、ストーリーや操作性などのゲーム部分もすごいのですが、やはり素晴らしいのがその“世界観”だと思います。
 謎の寄生菌のパンデミックが発生した世界で、主人公は「感染者」と呼ばれるゾンビと闘うんですけど、一方で人間とも敵対していくんですね。「荒廃した世界で一番怖いのは人間の存在だ」というところにリアリティがあって、その世界観に冒頭からグッと引きこまれていく。

 ストーリーは、中年男性のジョエルと、この世界を救う鍵をにぎる14歳の少女・エリーが一緒にサバイバルしていくというものですが、この二人がずっとお互いの存在を素直に認められないんです。擬似的な父娘関係になりそうで、でも中々そうならない。
 でもラストで、この二人がついに互いの関係性が問われる究極の選択を迫られて、そこで凄まじい人間ドラマがある。その展開は、まるで1本の映画をみているようでした。実際、開発者はジャンル名に「サバイバルホラー」とは明記していなくて、ヒューマンドラマとしての色が強いんです。

 実況では「グラウンド」と呼ばれる最高難易度でのプレイに挑戦したのですが、銃弾がほとんどなかったです(笑)。近接攻撃だけで、首を絞めたり、殴ったり、瓶を投げつけたりで……もう大暴れするしかない。その様がゴリラみたいに見えたらしくて、コメントでは「ゴリラジュエル」と言われました(笑)。でも結果的に、この最高難易度でのプレイこそが、銃弾もなければ武器の素材もない『The Last of Us』の世界観にはあっていたなと思います。

 ホラーとしては「音」が重要なゲームだと思います。敵は音に反応して襲ってくるし、こちらも敵の位置がわかる「聞き耳」という能力があったり……でも最高難易度だとそれも使えないので、敵のうめき声に「リアル聞き耳」を立てて対処するしかない(笑)。
 ただ、実は感染者は初期位置が決まってることが多いので、慣れてしまえば怖くない。そうなると、むしろ手こずるのは、動きが予測できない人間の方ですね。これが、人間こそが何を考えているかもわからない。という世界観と適合しているんですね。

 そう――このゲームの世界観では、本当に怖いのは人間なんですね。

(動画投稿:ガッチマンさん)

プロフィール
  ニコニコ動画で活躍する実況プレイヤー。ホラー系ゲームを「怖くないように見せる」プレイスタイルが評判。自らを「ゲーム紹介おじさん」と称し、ゲームの良さを前面に出したその実況スタイルは評価も高い。

The Last of Us

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
2014年5月21日ノーティドッグ/Sony Computer EntertainmentPlayStaton 3
The Last of Us特記事項
PlayStation 4版(2014年※『The Last of Us Remastered』)、廉価版(2015年※『The Last of Us PlayStation3 the Best』)、あり

(C)2013, 2014 Sony Computer Entertainment America LLC. Created and developed by Naughty Dog LLC

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ