発売間近! 『殺戮の天使』のノベライズ冒頭部を先行公開【イラストあり】

電ファミニコゲームマガジン(連載当時はニコニコゲームマガジン)にて、昨年8月14日から全4話で連載されて話題を呼んだ、RPGツクールのホラーゲーム『殺戮の天使』。
今回紹介するのは、そんな『殺戮の天使』の7月30日発売の小説『殺戮の天使 – until death do them part – 』の冒頭部分。文芸を中心に活躍する作家・木爾チレン氏を迎えて、ゲームの独特の世界を言葉で再現しています。

ゲームのダウンロードはこちらから。(※Windowsが必要です)
ゲームのダウンロードはこちらから。(※Windowsが必要です)

※ 以下、Web記事の見え方に最適化するために、小説本文に行間の空白を入れております。


殺戮の天使
– until death do them part –

木爾チレン(原案・真田まこと、絵・negiyan)


 世界はいつも、薄らと青い。
 それはきっと、この青い目のせいで、そう見えているのだと思う。


(お父さんとお母さん、今日も、仲良しだね)


 家にいるとき、お父さんとお母さんは一日中、解けないくらいに強く、手と手を繋ぎ合ってソファに座っている。そこから、まるで人形になってしまったみたいに動かない。
 私はその幸せな光景を、部屋の入り口からじっと眺めていた。


「ほら、レイもこっちにおいで」


 お母さんが微笑みながら、私の名前を呼ぶ。

 お父さんの目は黒く、お母さんの目は青い。だからこの目の色は、お母さんから遺伝したもの。でもお母さんの目と私の目は、少し違う。お母さんの目は、雨水の目薬を点したみたいに濁っている。

 いつからお母さんの目は、あんなに汚くなったのかな……。思い出せない。


「うん」


 私は、その汚く濁った目をじっと見つめながら小さくうなずき、ふたりの元へ駆け寄って行った。だけど、どれだけ走っても、部屋の入り口から少しも進むことができない。


(どうして……?)


 息を切らしながら、私はその場にうずくまった。絶望という文字が、心に溜まっていく。


「レイ、どうしたんだ」


 ずっと同じ体勢でソファに座ったままのお父さんが、聴いたことのないような優しい声で言う。


「そっちに、行けない」


 お父さんの、黒いボタンみたいな目を見つめながら、私はそう返事をした。

 その、瞬間だった。

 突然くらくらして、何かに塗りつぶされていくように、頭の中が、真っ白になっていくのがわかった。


 リン――……リン――……。


(何だろう……?)


 どこかで、鈴の音が鳴っている。

 水の中で鳴っているような、鈴の音が――……。

 

satsuten-01


▼△


 滲んだような鈴の音が、鼓膜の奥で鳴り響く。

 目の奥がしびれるような感覚になって、ふっと目を醒ますと、レイは椅子に座っていた。硬い感触の、白い椅子。目の前には、もう一脚、同じ椅子が向かい合うように置いてある。

 そこはレイの知らない場所だった。何もない、カウンセリングルームのような無機質な空間。吐いた息が見えそうなほど、冷たい空気が漂っている。

(ここは、どこ……?)

 不可思議に思いながら、レイは椅子から立ち上がり辺りを見回した。

「……」

 けれど頭の中が真っ白になったあの瞬間から、記憶喪失になってしまったみたいに、何も思い出せない。でも、この世界が現実だということはわかった。だって夢の中とは違って、どこへでも、自分の思う通りに動くことができる。

(さっきは、夢を見ていたんだ……)

 レイは小さくため息を吐いたあと、この世界が現実だということ以外は何もわからないまま、吸い寄せられるように窓辺に歩み寄り、大きな窓の外を見つめた。

(……青い、満月)

 窓の向こう側には、異様なほどに青い光を放つ月が浮かび上がっている。だけどその月は、大きさも、色も輝きも……、まるでスクリーンに映っているみたいに不自然だった。

(なんだか本物じゃないみたい……)

 それに青い月なんて、滅多に見られる現象じゃない――……。
 いつかそう、先生が言った。

(先、生……?)

 ――先生って、誰……? 誰、だっただろう。よく思い出せない。
 レイの目蓋の裏には、ぼんやりと、真っ白な白衣を着ていたような後ろ姿だけが浮かぶ。

(……お医者、さん?)

 そしてその瞬間、消えかかっていた脳みその細胞が蘇るみたいにはっとして、

「そうだ……、私は、病院に来ていた」

 思わず声が漏れた。

(確かここは、診察室だった……)

 ――だけど私は、病気なんかじゃなかった……。だって、どこも痛い部分なんてない。なのにどうして病院に来たんだろう。

「っ……」

 そのときまた突然、夢から醒めたときと同じように、激しい眩暈がレイを襲った。

(気持ち悪い……)


 ――ほら、レイもこっちにおいで。


 思わずうずくまり、目をつむると、夢で聴いたお母さんの声が耳のなかに木霊する。

「とにかく、お父さんとお母さんのところへ行こう……」

 レイはその声に呼ばれるように、ふらふらとよろめきながら部屋を出た。

 
▼△


 ……――ここは、私の知ってる病院じゃない。

 なぜ病院に来ていたのか思い出せない。だけどそれは直感的にわかった。

(眠っているうちに、違う階に移動させられたのかな……)

 奥が見えないくらいまで、誰も歩いていない白いタイル地の廊下が続いている。レイはその、ため息も聞こえない不気味な廊下を、まだ少しふらつきながら歩いていった。すると少し進んだ所に、格子状の黒い扉を見つけた。扉にはカードを嵌め込む装置のようなものが埋め込まれている。

 警戒しながらもそっと扉に手を掛けてみるが開かない。無理矢理開けようとすると、装置はピーピーと音を立てた。

(カードがいるのかな……)

 格子状になっている扉の向こう側を覗き込むように、その隙間に目を凝らす。薄暗くてあまりよく確認できないが、エレベーターのようなものがあるのがぼんやりと見えた。

(はやく家に帰りたい……)

 けれどレイはそう強く願いながら、神妙な目をして前を見据え、ぎゅっと唇を噛みしめる。唇は痛いくらいに乾燥していて、薬を飲んだ後みたいに頭がくらくらしていた。

(やっぱり、気分が悪い……)

 万華鏡のなかに閉じこめられているみたいに視界がゆらめくなか、レイは再び廊下を進んでいった。

「あれ……壁に何か書いてある……」

 しかしふと、その奇妙な文字の連なりが視界に入った瞬間、まるで金縛りにあったみたいに身体が動かなくなった。


“君はいったい誰で、何者か”

“自身で確かめてみるべきである”

“本来の姿か、望む姿か”

“天使か、生贄か”

“己を知れば門は開かれる”


「……?」

 何かの呪文のような文章に、少しこわくなって、レイは少し後ずさりをする。


 ――天使か、生贄か。


(私は……)

 ――どちらでも、ない……?

 無意識にそんな答えが浮かんだとき、文章が書かれた壁のすぐそばに、さっきの診察室と同じようなドアがあるのが目に入った。

 その瞬間、レイは誰かに操作されているように、そのドアを開けていた。


▼△


 そこは、さっきの診察室と同じような無機質な部屋だった。部屋の中央には、大きなコの字型のテーブルがあり、その上には白いコンピューターが置かれている。レイはそっとコンピューターに近づき、キーボードの上部にある電源ボタンを押した。

(電源はつかない……)

 ――壊れているのかな……?

 小さく首をかしげたそのとき、ふっと天井のほうから誰かに見つめられているような気配がした。ゆっくり視線を上げると、天井には監視カメラのようなものが吊るされていて、カメラはレイを追いかけるように動いていた。

(嫌な予感がする……)

 ――はやく、エレベーターに乗って外に出よう……。

 レイは扉を開けるためのカードがどこかに落ちていないか探すように、テーブルの周りを歩いた。

「透明な壁……」

 入り口の向かい側の壁一面は、すり硝子でできている。
 その壁を伝うように歩いていくと、壁の中央には女の子が立っていた。腰まで伸ばされたプラチナブロンド色の髪をした、小柄で華奢な女の子。

(表情がない……)

 息を呑むとレイと同じように息を呑み、瞬きをすると同じように瞬きをする。

「……いつもの私」

 それはまぎれもないレイ自身だった。

(この壁の部分だけ、鏡になっているんだ。でもどうして、すぐに自分だとわからなかったのかな……)

 一時、自分の姿もわからなくなるほどに、いつの間にか記憶が失われていることに、少しこわさのようなものを感じて心がざわつく。

 もう一度、自分の姿を確かめるように、レイはもう一歩、鏡に近づいてみる。その瞬間、カチッと、テーブルの上の電源が入っていなかったコンピューターが、勝手に立ち上がる音が聞こえた。

 速足にコンピューターの前に向かうと、黒い液晶画面には、次から次へと、すごいスピードで不規則な英数字が、連なっては消えていく様子が映し出されていた。

(何かのプログラム……?)

 じっと目を凝らしていると、突如、画面には白い文字が表示される。


 ――情報画面を開いています。

 ――データを記入します。


 そして、文字に連動するように、コンピューターは淡々としゃべり始めた。


 ――質問にお答え下さい。

 ――あなたの名前は?


(名前……?)

「……レイ、……レイチェル・ガードナー」

 レイは思い出したように答えた。


 ――年齢は?


「……十三」


 ――なぜ、ここにいるのですか?


「病院に来ていて……、気がついたらここに……」


 ――なぜ?


「……?」

 ――なぜ?

 ――なぜ?


「……」

(こわい……)

 答える隙もないほどの無意味な連呼に、レイの顔は引きつる。


 ――なぜ?

 ――なぜ病院に?


(なぜ……病院に……)

 なぜだかどきどきして、心臓が痛くなる。レイは呼吸を整えるように、小さく息を吐きながら、少しだけコンピューターの前から離れた。

(……殺人、事件……)

 そのときふっと、断片的な記憶が、レイの脳裏に薄らと蘇る。だけどその記憶が正しい記憶なのかどうか、レイにはわからない。確かめる術もない。そもそも記憶の正しさなんて、疑ったこともなかった。

「……人が死ぬところ、――殺されるところを見たから。……目の前で……」

 レイはあの夜、そのおぞましい光景を見たときと同じように、小さく目を見開き、言った。殺された人も、殺した人も、それはきっと知らない人だった。だって顔も思い出せない。ただ、男の人が、女の人に馬乗りになって包丁を突き刺していた姿だけが、はっきりと思い出せる。

「だから、カウンセリングに連れてこられた……」

 言いながら、レイはふっと、カウンセリングを受けている自分を俯瞰的に見た。
 診察室は、まるで天国みたいに真っ白な空間だった。目の前には、眼鏡を掛け、白衣を着たカウンセリングの先生が座っている。先生は、レイの、世界の終わりを映すような青い目を食い入るようにじっと見つめ、優しく微笑みかける。


 ――今後どうしたいですか?


 その先生と同じように、コンピューターが訊く。

「……ここから出たい。お父さんとお母さんに会いたい」

 レイははっとして顔を上げると、記憶のなかの家族を思い返しながら、独り言をつぶやくように答えた。


 ――記入終了。

 ――プレイスタート用のカードキーを配布します。


 その文章を最後に、コンピューター画面はぷつりと音を立てて真っ暗になった。

(……?)

 再び電源ボタンを押してみる。けれどもう動く気配はない。コンピューターの側面からはカードが出てきていた。

(きっと、あの扉を開けるためのカード……)

 レイはコンピューターからカードを引き抜くと、逃げるように部屋を後にして扉のほうへ向かった。


▼△


 扉に埋め込まれていた装置にカードを差し込むと、ブーブーブーという重低音とともに扉が開く。奥に進んでいくと、そこにはやはりエレベーターがあった。

 レイは、上へあがる「▲」のボタンを押して、駆け込むようにエレベーターに乗り込んだ。そして一階へ向かおうと、エレベーターの操作ボタンに触れようとしたとき、今いる階を示すように、B7という表示が光っているのに気づいた。

(B7……? おかしい……。私がいたのは、こんな地下じゃなかった……)

 ――それにB6へ行くボタンしかない。さっきエレベーターを開けるときに押したボタンも「▼」は、なかったような気がする……。

 そのとき、だった。コーンコーンコーンと、まるで教会の鐘のような音が鳴り、


 ――最下層の彼女は、生贄となりました。

 ――みなさま、各フロアにてご準備を。

 ――ここから先はプレイエリア。ゲートが開かれます。


 抑揚のない機械音のような、ひび割れた女の声がエレベーターのなかに響き渡った。


殺戮の天使カバー付き表紙画像

この文章の続きは、7月30日発売の小説『殺戮の天使 – until death do them part – 』(定価1080円・税込)で読むことが出来ます。Webでの予約・購入は以下などから可能となります。





また、全国のアニメイトで店舗特典として、以下の缶バッジを入手可能です。

アニメイト缶バッジセット

さらに、漫画2巻をアニメイトで購入した方は、今回の小説をアニメイトで購入した際に、原作者の真田まこと先生による制作時秘話の解説リーフレットが渡されます。様々なキャラクターの裏話が明かされた、大変に充実した内容のリーフレットとなっております。

殺戮の天使アニメイト特典リーフレット

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ