『バーチャファイター』いのまたむつみ×永野護 対談──『ブレンパワード』に繋がる“バーチャに捧げた1年間”がいま明かされる

1

2

 『テイルズ オブ』シリーズや『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』のキャラクターを手掛けるいのまたむつみ氏が、2018年で画業40周年を迎えた。

 これを記念して、『ファイブスター物語』の作者である永野護氏との対談を実施する運びになった。ふたりの共通点として真っ先に思い浮かぶのは、いのまた氏と永野氏がメインデザインを担当したTVアニメ『ブレンパワード』だろう。

 だが、今回のテーマはそうではない──本稿で語られるのは、『バーチャファイター』(以下、『バーチャ』)についてだ。

『バーチャファイター2』 (画像はVirtua Fighter2 | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイトより)

 改めて、企画趣旨を説明しよう。7月13日から8月3日まで東京・有楽町マルイにていのまた氏の画業40周年を記念した展示会「いのまたむつみ展」が開催され、今後も全国を巡っていくのだが、本稿はその展示会と連動した企画だ。次回の開催期間と場所は未定だが、すでに大阪と名古屋では開催が決定している。

 「いのまたむつみ展」では『サイバーフォーミュラ』、『ブレンパワード』、『小説ドラゴンクエスト』、『テイルズ オブ』シリーズなどの原画、そしてアニメーター時代に手掛けた原画の数々が展示され、その作品数は初公開を含むと約80点にも及ぶ。

 だが、いのまた氏の画業40年の中で、展示会では知ることができない1年があるのだ。それこそが、1990年代に大ブームを巻き起こしたセガの格闘ゲーム『バーチャファイター』に捧げた1年だ。

当時の大会の様子。以下に掲載している「当時の画像」は、すべてブンブン丸氏提供によるもの。
 

 特に『バーチャファイター2』(以下、『バーチャ2』)のハマりっぷりは凄まじく、ゲーセンに入り浸るも、仕事でゲームができないことにストレスを感じ、ついには筐体を購入。ところが、今度は対戦相手が見つからず、涙を流したほどだという。

 そんな日々に迫るのが今回の対談である。いのまた氏と永野氏は「バーチャ合宿」の際に同じ部屋で雑魚寝するほどの仲であり、ともに『バーチャ2』で切磋琢磨した戦友でもある。

 また聞き手として、ふたりと共に同作をプレイしていた、『バーチャ』の鉄人・ブンブン丸氏に依頼。さらに当時の様子がわかる貴重なお写真を貸していただいた。

ブンブン丸氏

 「『バーチャ』がなければ『ブレンパワード』は生まれなかった」というほどふたりの仲に影響をもたらした『バーチャ』。その衝撃やそれを楽しむ日々はどのようなものだったのだろうか。そこから見えてきた、作家たちの日常にも注目していただきたい。

 なお、記事内で使用しているいのまた氏のイラストは、「いのまたむつみ展」で販売されているグッズ「アートプリント」の画像だ。マーメイド紙(A4サイズ)にジクレプリントされており、価格は600円(税抜)とのこと。

文・取材/クリモトコウダイ


『FF15』、俺は認めるよ。いまだに攻めていてすごい。

いのまた先生と永野先生のサイン

──本日はお忙しい中集まっていただきありがとうございます。改めて趣旨を説明しますと、いのまた先生が40周年の原画展を今開催されていて。

ブンブン丸氏:
 40周年おめでとうございます!

いのまたむつみ氏(以下、いのまた氏):
 ありがとうございます。

──おふたりがお会いするのは久しぶりなのですか?

いのまた氏:
 久しぶりですね。

永野護氏(以下、永野氏):
 久しぶりだね。

いのまた氏:
 随分前だよね。たまに電話で話すとか、そのぐらいかな。

ブンブン丸氏:
 そもそも、ふおたりとも忙しいから、本来時間の都合つかないですよね。

永野氏:
 だから筐体を買うっていう裏技を、当時に使ったんだよね(笑)。みんなが一番ゲーセンで盛り上がっている時間はその場にいられないから。

(画像はWAVE 1/12 メモリアルゲームコレクションシリーズ アストロシティ筐体 セガタイトルズ プラモデル GM-017

ブンブン丸氏:
 おふたりは最近もゲームを遊ばれているんですか?

永野氏:
 やってるやってる。特に『ニーア オートマタ』は衝撃的だったよ。あのストーリーはちょっとビビるくらいで、日本のSF業界ができていなかったことを『ニーア オートマタ』がさらっとやっちゃって「あーあ」みたいな。

『ニーア オートマタ』

いのまた氏:
 え、最後までやったの?

永野氏:
 やったよ。あと最後までやったのは『人喰いの大鷲トリコ』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(以下、『ドラクエXI』)はフルクリア。『バイオハザード7』もやったんだけど、あまりの怖さに「最初の5分で、もう俺できないこれ」って(笑)。昼間に物置のところをガチャッと空けることはできたけれど、そこで怖くてもうやめた、とていうくらい超怖い。

いのまた氏:
 私は『ニーア オートマタ』も『人喰いの大鷲トリコ』も積んでいて。

ブンブン丸氏:
 まあ2017年は大作多かったですね。

永野氏:
 特に『ドラクエXI』は感動したね。ほんともう……あまりにすごすぎて、新しいものは何もないんだけど文句をつけようがないんですよ。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』

──まさしく王道たる『ドラクエ』という感じでしたよね。

永野氏:
 そうそう。そしてやっぱり『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』だよね。あれもちょっとねえ……凄まじ過ぎたよね。途中で挟まれるムービーあるじゃないですか。あれ、“アニメーション本来の形”をやっているんですよ。

ブンブン丸氏:
 『ブレス オブ ザ ワイルド』のムービーは本当にいいですよね。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(画像は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』公式Twitterより)

永野氏:
 本当にすごい。キャラクターのトゥーンレンダリングにしても、ひとつひとつの縛りにしても、任天堂はものすごく細かく、そしてキチンと作り込んでいて。

──『ファイナルファンタジーXV』(以下、『FF15』)はいかがでしたか?

永野氏:
 『FF15』はダメよ。戦いが終わるたびに“焼肉食べたい”とか言う奴がいるから(笑)。

ブンブン丸氏:
 ああいうキャラなんでしょうがないです(笑)。

『FF15』(画像はSteam | FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONより)

永野氏:
 現代の都庁から旧来のRPGの王様が出てきて、ホスト4人組に“車やるから、お前ら次は嫁さん見つけろ”って言ってさ、行った先にはもちろんキャバ嬢がいて。

ブンブン丸氏:
 まあ『FF』シリーズは好き嫌いが出ますよね(笑)。

永野氏:
 ただ俺の結論は、『FF』はいまだに攻めていてすごい、です。もちろんいい意味で(笑)。旧来のファンからは総スカンかもしれないけど、俺は認めるぞと(笑)。逆に『ドラクエ』は完成形になっちゃったから、次はないんじゃないか、みたいな恐ろしさがあるよね。

──あと永野先生と言えばオンラインゲームですが。

永野氏:
 俺はダメ人間だから、『FF11』『FF14』『ファンタシースターオンライン2』(以下、『PSO2』)を相変わらず延々とやっていて。最近は『FF14』の比率が多いですかね。旧『FF14』からやってはいたんだけど、最近また新たにキャラを作ってストーリーを進めている最中です。

ブンブン丸氏:
 永野先生って『PSO2』をずっとやっている印象がありますね。俺の中ではドリームキャスト版の『PSO』に永野さんがドハマリして、もう完全にゲームの世界の住人になっちゃったんだと思いましたよ。

『PSO2』(画像はゲームソフト | ファンタシースターオンライン2 | プレイステーションより)

永野氏:
 相変わらずだけどね。『PSO』は500人以上率いていたときもあったし、『PSO2』でも4サーバーで複数のチームで遊んでいるし。まあ最近はいろいろあってメンバー減っちゃったんだけど。

ブンブン丸氏:
 いのまたさんはあまりオンラインゲームはやらない印象がありますが。

いのまた氏:
 オンラインだと結局時間がないとプレイできないんですよ。自分の都合で抜けたりとかもしづらいし。

ブンブン丸氏:
 時間というか、タイミングですよね。

永野氏:
 人が一番集まっている時間帯にいられないから、知り合いがいないと本当にきつい。僕なんか明け方しかいないので。

ブンブン丸氏:
 同じ時間帯にやってくれる人がいないと確かにきついですよね。

いのまた氏:
 あとプレイ中に電話がかかってきたりとか。

ブンブン丸氏:
 オンラインゲームだと「仕事の電話で抜けます」という事情がなかなか通じないですからね。

永野氏:
 『PSO2』だったら夜12時に「いまから編集がくる」ってなっても、「じゃあ仕方ないすね」なんて身内だから言ってくれるけど、『FF14』みたいに野良主体のゲームだと「抜ける」って言えないじゃないですか。だから仕事が入りそうな時間帯は“もうできない時間帯”として決めないと。

ブンブン丸氏:
 「やっとこれからパーティー組めるのに!」とか「1時間待ってやっとシャキッた(パーティーがマッチングした)のに!」みたいな(笑)。

いのまた氏:
 普段はどれくらいの時間ゲームしているの?

永野氏:
 えーとね。1日1時間から2時間ぐらいですね。

いのまた氏:
 もっとやってそうな雰囲気だけど。

永野氏:
 意外と放置時間が……。

ブンブン丸氏:
 ロビー待機、みたいな。

永野氏:
 『PSO2』だと“ログインしてメッセージで挨拶して、すぐ落ちる”みたいな感じだね。

──いのまた先生は最近、何かゲームをやられましたか?

いのまた氏:
 私は『モンスターハンター:ワールド』(以下、『モンハン:ワールド』)ぐらいですかね。

『モンスターハンター; ワールド』(画像はCAPCOM『モンスターハンター:ワールド』公式サイトより)

永野氏:
 『モンハン:ワールド』よくできているよね。キャラメイクに3時間もかけたのに、女性キャラは相変わらずゴリラみたいだったけど……(笑)。『モンハン』っていつも5年ぐらいかけてシステムを作り、男性キャラを4年ぐらい前から準備し、アイルーは3年ぐらい前から準備しつつも、発売直前になって「いかん、女性キャラ忘れた、作ろう」って、慌てて作ってる感じがするんだよね(笑)。

いのまた氏:
 女性キャラだけじゃないよ! 男性キャラもメイキング画面のところとフィールドで違うの! メイキングのときは「けっこうイイ線行ったな」と思ったんだけど、フィールドにいったらすごく酷くて(笑)。

 すごく気を遣ったのに、変な顔になっちゃった。元ヴィジュアル系の成れの果てのオッサンみたいな(笑)。
 3日ぐらい遊んだ後、「どうしようかな、やっぱりこの顔嫌だな」なんて。

永野氏:
 でもアイルーが可愛いからいいじゃん。

いのまた氏:
 やだ! ジャッキー【※】にしたいもん!(笑)。

※ジャッキー……『バーチャファイター』シリーズに登場するキャラクター。アメリカ人の男性で金髪。ジークンドーの使い手で代表的な技は“サマーソフトキック”。
(画像はバーチャファイター2 | Wii(R) バーチャルコンソール メガドライブ 公式サイトより)

永野氏:
 馬鹿じゃないの(笑)。

いのまた氏:
 キャラメイクの時点ではけっこうイケてると思ったんだけどね……。「酷い……これは何? これは何?」みたいになって(笑)。

ブンブン丸氏:
 相変わらずジャッキーが好きなんですね、いのまたさん(笑)。

いのまた氏:
 そうですよ。

ブンブン丸氏:
 以前、いのまたの家に行ったとき、『鉄拳』の三島一八のボディに、顔だけジャッキー……というイラストがあって(笑)。

一同:
 (爆笑)

(画像は鉄拳7 | バンダイナムコエンターテインメント公式サイトより)

いのまた氏:
 私も本当はもっとゲームしたいんですけどね……なんかエアコンが壊れて(笑)

永野氏:
 むっち(永野氏がいのまた氏を呼ぶときに使う愛称)死ぬよ、それ!

※本対談は2018年7月収録。この日も非常に暑かった。

いのまた氏:
 だから、ゲームのある部屋にいられなくて……辛い、考えるだけ辛い。

永野氏:
 速攻で直さないと!

いのまたむつみ、『バーチャ』ができず涙を流す

──いまなおゲームがお好きなようでよかったです。それで本題なんですが、「いのまたむつみ展」では40年間の活動について展示されていますが、その40年の中に失われた1年──つまり『バーチャファイター』に捧げた1年があるんじゃないかと思いまして。

いのまた氏:
 1年じゃないような気がします(笑)。でもちゃんと仕事もしていましたよ!

永野氏:
 仕事してはいたけど、泣きながらやっていたよな。俺らが仕事でいのまたの家とかゲーセンに行けないと、むっち本気で泣いていたじゃん。

いのまた氏:
 そう、本気で泣いていた(笑)。

──そんなに(笑)。

永野氏:
 当時むっちとか俺らって、ほとんど集団で暮らしているみたいな感じだったんですよ。

いのまた氏:
 ゲーセンかどっかの家で雑魚寝するみたいな。

永野氏:
 当時30過ぎた男女がさ、畳の部屋で雑魚寝するという。馬鹿じゃねーのって(笑)。
 でも、仕事が忙しかったりして、家に行けないときが度々あって。そしたらある日、むっちがやたら泣いているから「なんで泣いているんだよ?」と聞いたら、「だってゲームできないんだよ、『バーチャ』できないんだよ」って本気で涙を流していた(笑)。

──筐体を買ったはいいが、対戦相手がいないと(笑)。

永野氏:
 そうそう(笑)。そのあと、いのまたがファミ通の企画で取材があったときに、「ファミ通の『バーチャ』組が現場に来るって!」って言うから、みんなでわらわらと見に行って……それからブンブンとかがむっちの家に来てくれるようになったんだよね。

いのまた氏:
 「『バーチャ2』組を呼んでくれないと取材は受けない」みたいなことを言って(笑)。

永野氏:
 そうしたら「やった! これで『バーチャ』ができる!」って(笑)。

ブンブン丸氏:
 対戦相手ができた、と(笑)。

永野氏:
 ひどい話だよね(笑)。

ブンブン丸氏:
 でもいのまたさんの家には、人がたまっていましたよね。鍋とかやりましたもんね。

当時のブンブン丸氏

──筐体があるのだからなおさらですよね。

永野氏:
 そういえばまだむっちの筐体はあるの?

いのまた氏:
 筐体はあるけど、全然電源を入れてないから使えないかも。

永野氏:
 まあモニターがもうダメになっているよね。

作家たちはアーケード筐体をどのように購入したのか

いのまた氏:
 基板も腐っちゃうし。やっぱりちゃんとメンテしないとね。でももう部屋の荷物が多すぎて、筐体がどうなっているかわからないんだよね……。エアコンが直せないのもそのせいで。

 もう資料とかグッズのサンプルとか見本誌とか……とにかく荷物が多すぎて本当に大変で。1日中泣きながら片付けしたんだけど、全然終わらなくて。

ブンブン丸氏:
 1日では終わらなそうですね。年末年始の大掃除どころじゃないだろうし。

いのまた氏:
 もう家が倉庫みたいでダンボールまみれ(笑)。筐体が埋まっている場所はだいたいわかるんだけど、掘り出すには手前のものを片付けなきゃいけなくて。でも、そのスペースすらない!

──いのまた先生の自宅には、毎日のように各メーカーさんや出版社さんからモノが送られてくると聞いたことがあります(笑)。

いのまた氏:
 そうなんです……だから時々雪崩が起きたり(笑)。

永野氏:
 俺が覚えているいのまたとの最後の会話って、「もう家の荷物がすごすぎて、この家燃やしたいよ」ってまた泣きながら言っていて。「泣くな、むっち!」と(笑)。

いのまた氏:
 (取材当日に着てきた洋服を見ながら)これなんか、荷物に引っかけて破けたんですよ(笑)。

永野氏:
 近くに倉庫借りたほうがいいよ。俺も3つ借りているけど便利だよ。

テイルズ オブ イノセンス

──そのうち筐体も倉庫に行ってしまいそうですね(笑)。ところで、その筐体はどうやって購入したんですか?

永野氏:
 どっかのアホ……というか、目の前にいるような人が「セガに頼んだら買えたよ」って教えてくれて(笑)。だから俺も速攻セガに連絡して、「欲しいです」と(笑)。「これは業務用筐体なので一般の方には販売できないんです。なので、永野さんのお住まいをゲームセンターということにして出荷します」と言われてね(笑)。68万だっけ、70万だっけ?

いのまた氏:
 普通に買うと160万円とかで、セガさんは90万円ぐらいで売ってくれたと思う。

ブンブン丸氏:
 たぶん業者価格ですね、確かそんなもんでした。

永野氏:
 当時、そのことを雑誌か何かで書いたら、ツインスタージオスセガ【※】の店長が僕のファンだったようで、「アストロシティ【※】買われたそうですね? 記事読みました。アストロはメンテ大変なんで、ウチがメンテパーツを提供します」とか言って、ツインスターから予備のコントローラー1セットや、ボタンがしょっちゅう壊れるということで30個ぐらい予備をいただいたり(笑)。

※ツインスタージオスセガ
神楽坂の名物ゲームセンター。現在はセガ神楽坂となっている。

※アストロシティ
セガから1993年より販売されたアーケードゲーム筐体。『バーチャファイター』や『ファイティングバイパーズ』、『ダイナマイト刑事』などの名作が稼働していた。

いのまた氏:
 私もメンテパーツもらった気がする(笑)。

永野氏:
 それでいざ家に置いてみると、いろいろやりたくなって……。今度はナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)に『鉄拳』を売ってくれと連絡を取ったら、「一般の方には売れませんが、その住所はゲームセンターということでわかりました」って(笑)。
 『鉄拳2』の基板が確か12万ぐらいだったんですけど、納品の際には『鉄拳』チームも一緒にやってきて、「アストロシティの組み込みは大変なんでこちらでやります」とセッティング全部やってくれたんですよ(笑)。

──スタッフまで(笑)。

いのまた氏:
 じゃあ、ずっと『鉄拳』もやっていたの?

永野氏:
 そうそう。『鉄拳』の後は『ソウルキャリバー』もやったなー。確か、むっちも『バーチャ』以外で何かにハマっていたよね。

ブンブン丸氏:
 カプコンの格ゲーでしたよね?

いのまた氏:
 『スターグラディエイター』! 基板は買ってないけど、ギミックが面白いからすごく好きで。でも対戦すると大雑把すぎて対戦にならない(笑)。ひとり台でよくやっていましたね。誰もインカムしないんですよ(笑)。

(画像はスターグラディエイター EPISODE:I FINAL CRUSADE | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイトより)

ブンブン丸氏:
 それにしても、あの頃はみんな筐体買っていましたよね

永野氏:
 そう。あのときはみんな買ってた。

ブンブン丸氏:
 後からゲームに入った人はブラストシティを買ったり(笑)。

※ブラストシティ
1996年から販売がスタートしたセガ製アーケード筐体。アストロシティの後継筐体。

永野氏:
 ブラストシティは「卸値でも100何万です」って言われたし、何よりデカかったよね。

いのまた氏:
 うんうん。ウチはそもそも『アストロシティ』が入らなかったんだよね。

ブンブン丸氏:
 あの筐体どこから入れたんですか?

いのまた氏:
 業者を呼んでクレーンの小さいやつで窓から入れたんですよ。でも、そのときは家の横が空き地だったから入れられたんですけど、今は隣りに家が建っちゃったから無理。もう出せない。

永野氏:
 バラしても横幅があるからなあ。

いのまた氏:
 筐体を解体するか家を壊すかしか方法はない(笑)。

永野氏:
 以前住んでいたマンションも、ドアを外さないと入らなかったな。いま住んでいるところだと楽勝なんだけど、やっぱり昔の家とかマンションだと入らないよね。

サイバーフォーミュラ

──永野先生はどうされたんですか?

永野氏:
 部屋には入らなかったから、台所に冷蔵庫の代わりとしてアストロシティを置いたんですよ(笑)。

ブンブン丸氏:
 収まりがよさそうですね(笑)。

永野氏:
 バッチリ(笑)。あと当時は家が自宅兼会社だったから、アストロシティを会社の金庫代わりにして。厚みが鉄板で3ミリぐらいあるから、「まずあそこはバラせないだろう」って。

ブンブン丸氏:
 確か鍵の構造が普通の鍵とは全然違いましたよね。

永野氏:
 構造が違うから安全だったんだよね。あと『バーチャ』の時代に、みんながあれだけ蹴っ飛ばしても筐体は壊れなかったんだから、たいしたもんだよ。本当にみんな蹴飛ばしていたからね。

いのまた氏:
 そうだよね。私も何度蹴っ飛ばしたか(笑)。

永野家はゲームの電話相談室だった

風の大陸

──そんなおふたりですが、面識自体は『バーチャ』を遊ばれる前からあったんでしょうか。

永野氏:
 同じ業界だから当然、以前から知っていて。

──毎週ゲームとかを一緒にやる仲ではあったということですか?

いのまた氏:
 『バーチャ』にハマるまで特にそういうことはなかったけど……。永野先生ってすごいゲームの早解き魔なんですよ。だからコンシューマーゲームでわからないことがあると、「電話して聞く」みたいな関係にはありましたね。

永野氏:
 実は2000年ぐらいまで、ゲームの電話相談室みたいな状態になっていて(笑)。それこそ僕らなんかが声をかけられない某少女漫画家の超御大からいきなり電話がかかってくるんですよ。
 「永野くんいるかしら?」、「はい何でしょう」、「いま『バイオハザード2』をやっていてここで詰まっているんだけど」、「えっと、ちょっと待ってください……」みたいな(笑)。あの頃はそんな電話が頻繁に来ていたんですよ。

(画像は株式会社カプコン:ゲーム:バイオハザードシリーズ|ラインナップ|BIOHAZARD 2より)

いのまた氏:
 私のところにもそういう電話が来ていたんですけれど、遊んでないゲームだったりしたら「それは永野さんにかけなよ」って。それでとくに許可を得ることなく電話番号を教えたら、本当にかけたらしくて(笑)。

ブンブン丸氏:
 当時だと「ネットで調べる」とかあんまりなかったですからね。

永野氏:
 ネットの攻略ページというのがなかったから、知っているやつに聞くかファミ通に攻略ページが載るまで待つか、みたいな。

──そういう相談所って、いつからはじまったんですか?

永野氏:
 やっぱり『ドラゴンクエスト』が出てからだよね。『ドラクエII』『ドラクエIII』あたりから仕事以外での交流がはじまって、最初のネットワークができたんですよ。

(画像はドラゴンクエスト“ロト伝説”シリーズ 公式プロモーションサイト | SQUARE ENIXより)

 当時は本当に電話しかなかったから、あのとき「小学生たちはうらやましいよな。あいつらみんなで学校行って『ここどうなっているの?』とかそういう話ができてさ。こっちはゲームをやっているやつを探すところからしないといけないのに」って思ってたな(笑)。

 それで俺らは電話でやりとりするんですけど、「そこから先は言うな! ガチャン」って切ったりして(笑)。

ブンブン丸氏:
 「あーもういいです」みたいな(笑)。

永野氏:
 一番ひどかったのは『ドラクエIII』。僕が最先行で進めていたんだけど、丁度ラダトームにいるときに電話がかかってきて。それで電話の相手が「これ何の音? もしかして『ドラクエIII』?」と聞いてきたので、「あ、ごめん!」と。要するに『ドラクエIII』が発売された当時だと、“ラダトームに行く”ということは、衝撃的な展開だったわけじゃないですか【※】

※『ドラクエIII』のラダトーム
ラダトームとは初代『ドラクエ』のスタート地点。その場所の音楽が『ドラクエ3』で流れるということは、『ドラクエ3』にラダトームが登場することがわかってしまうため、ネタバレとなる。

ブンブン丸氏:
 すごいネタバレですね。

永野氏:
 その後、すごく気まずくなってね(笑)。

アニメ業界人から見た『バーチャファイター』の衝撃

──つまり、昔からゲームはされていたと。そんな中で、やはり『バーチャファイター』は衝撃的だったんでしょうか。

永野氏:
 あの衝撃を何と例えればいいか……。いまの子たちには伝わらないと思うんですけど、いままでは平面上でセルが前後左右に動いていたのが、いきなり360度になったんですよ。我々アニメ業界が絶対にできないことでした。

ブンブン丸氏:
 おふたりはアニメ業界にも携わっているじゃないですか。そういう人から見たときの衝撃度ってどんなものだったんですか?

いのまた氏:
 すごく斬新だったんですよ。ポリゴンの造形というか……あの立体感。あれがすっごくすっごくすっごく好きで。

ブンブン丸氏:
 いま見ても味がありますからね。

いのまた氏:
 Tシャツなんか、いまでも着ていますもん。

永野氏:
 「ノンテクスチャーでポリゴンに色を付けている」というすごさをアニメ業界でわかっている人はあんまりなくて、「お前ら馬鹿じゃないか! この馬鹿野郎!」と周囲に言っていた記憶が(笑)。だってあれ、30フレームのフルポリゴンアニメーションなんですよ。

 しかも視点は変えられるわ、動きは自在だわで……。もちろんプログラムされた動きではあるけど、どれだけ衝撃的だったか。

いのまた氏:
 キャラクターがグルグル回るのとか面白くてね。ぼーっと観ていたりしました(笑)。

ブンブン丸氏:
 やっぱり初代『バーチャ』の衝撃はデカかったですよね。で、その衝撃を「ポリゴン」っていう単語で説明できたから、わかりやすくキャッチーだった。『バーチャ2』だと、それが「テクスチャーマッピング」になるんだけど、みんな「なんだそれ!?」ってなる。

永野氏:
 あと、あの頃は「ゲーセンは不良が行くものだ」というイメージがまだ残っていて。でも『バーチャ』が出た影響でいろんな人が──特に女性客が来るようになって。そのあと『プリクラ』が出て、さらに変わっていったんですけど。

ブンブン丸氏:
 あのぐらいの時期から、けっこうゲーセンの客層が変わりはじめましたよね。

いのまた氏:
 綺麗になって、女子トイレまでできたり(笑)。

──いまでは当たり前ですが、昔はなかったんですね(笑)。

永野氏:
 ずっとトイレは共用でしたね。それにしても……改めて振り返るとすごいゲームだったよね。ゲームの内容もそうだけど、『PSO』をプレイしていた時代に「昔『バーチャ』をやっていて、実はいま○○の開発やっています」なんてメールとかメッセージがたくさん届いていたんですよ。だから「ゲーム業界の関係者、みんな『バーチャ』やっていたんだ!」と驚いて。でもあれだけムーブメントになったゲームだから、「そりゃそうだよね」みたいな。

ブンブン丸氏:
 僕も、仕事相手から「昔、あなたと対戦しました!」って言われることはたくさんありますね。これだけいまの業界人が過去にやっていたゲームなんて、そうそうないですよ。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ