『薄桜鬼』実写ドラマ化や『スペアリ』新作発表も!「オトメイトパーティー2019」6月1日夜公演をレポート

 乙女の祭典「オトメイトパーティー2019」(アイディアファクトリー・デザインファクトリー主催)全3公演が、2019年6月1日、2日に東京国際フォーラム ホールAで開催されました。

 オトメイトパーティーは、アイディアファクトリーグループの女性向けブランド“オトメイト”から発売された各タイトルより、キャラクターを演じる声優陣が登壇するファンイベント。
 2008年からスタートした本イベントも、ついに令和の時代へ突入、今回で12回目を迎えました。2014年からは暑さの厳しい8月、9月が定番となっていましたが、今回は梅雨入り前の爽やかな季節での開催となりました。

 ここでは6月1日夜公演を中心に、オトメイトパーティーで発表された新作情報もお届けします。

【6月1日・夜公演】

(画像はオトメイトパーティー2019より)


【出演者】(敬称略)
『ワンド オブ フォーチュン』
ノエル役:鈴木千尋/ビラール役:高橋広樹/ラギ役:柿原徹也/アルバロ役:鈴村健一

『猛獣使いと王子様』
マティアス役:緑川光/アルフレート役:鳥海浩輔/クラウス役:安元洋貴

『CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜』
加納理一郎・放浪者役:前野智昭/英円・ビショップ役:鳥海浩輔/西園寺寅之助・反逆者役:杉山紀彰/英央・情報屋役:須藤翔

『薄桜鬼 真改』
沖田総司役:森久保祥太郎/斎藤一役:鳥海浩輔/原田左之助役:遊佐浩二/風間千景役:津田健次郎


出演アーティスト

love solfege(feat.真理絵)/吉岡亜衣加

司会
鈴村健一/鳥海浩輔/森久保祥太郎

文/近藤智子


オトメイトの中でも長い歴史を持つ4タイトルが勢揃い!

 6月1日夜公演には、『ワンド オブ フォーチュン』、『猛獣使いと王子様』、『CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜』、『薄桜鬼 真改』の4作品が登場しました。『薄桜鬼 真改』は2015年の発売ですが、桜鬼』シリーズとしては2019年で11周年。2009年発売の『ワンド オブ フォーチュン』も今年で10周年という節目の年となります。
 『猛獣使いと王子様』と『CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜』も2010年に発売されましたから、まもなく10周年。オトメイトの中でもとくに長い歴史がありつつ、今なおNintendo Switchで新たに展開されている人気タイトルがピックアップされた公演になりました。

 開演前にはイベントの諸注意を告げるため、『ワンド オブ フォーチュン』の4人がモニターに登場。仕事はこなしつつもマイペースな面々に、ノエルが「始まる前から僕の胃にダメージを与えようとするな〜!」と叫んだところで、いよいよ公演が始まります。

 司会の鈴村さん、鳥海さん、森久保さんの掛け声と共に、声優陣が登場キャラクターを演じながら続々とステージへ。
 緑川さんは呪いでライオンに姿を変えられたマティアスを思わせるぬいぐるみを抱え、津田さんは華やかな着物姿を披露! 司会だけでなく3作品分の出番があり、すぐにステージへ移動できない鳥海さん演じるキャラクターからは「不思議な力が働いて動けない!」「幕末に時空転移しなくてはいけない」などの説明があり、会場は大きな笑いに包まれました。

 最初の朗読劇は『ワンド オブ フォーチュン』の「10年後のきみへ」。別々の道を歩むノエル、ビラール、ラギ、アルバロたちが、奇跡のような再会を果たした日に、時空を越えたメッセージを魔法具“パピヨンメサージュ”で未来へ飛ばします。
 劇中では“ビラール・アサド・イスナーン・ファランバルド”ビラールのフルネームをさらりと呼びこなし、ガッツポーズを決める鈴木さんの姿も堪能できました。

 『CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜』の朗読劇「ぼくたちの可能性」では、加納理一郎(かのう りいちろう)、英円(はなぶさ まどか)、西園寺寅之助(さいおんじ とらのすけ)、英央(はなぶさ なかば)が“飲んだだけで大人になれちゃう怪しいジュース”を入手。4人は次々と大人に入れ替わり、これから訪れるかもしれない“さまざまな可能性”を知ることとなります。新たなシナリオ「中学生編」を加え、6月27日に発売を控えたNintendo Switch向けソフト『CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 Devote』の宣伝もしっかり劇中で行い、ファンの笑いを誘っていました。

 ここで、『CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 Devote』エンディング曲の「青空の確率」をlove solfege feat.真理絵さんが熱唱。トークコーナーでは前野さんが、「石田彰さんに生で時田終夜(ときた しゅうや)を演じて欲しい!」という常々口にする願いを、改めて訴えました。

 恒例のバラエティコーナーは「お着替え♡だるまさんが転んだ!」。これは2チームに分かれて“だるまさんが転んだ”を行い、鬼にタッチするまでの間に小物を3つ身に着けるというもの。
 制限時間内に鬼にタッチできるとポイントが加算される……というルールで競います。

 まずは鳥海チームから杉山さん、柿原さん、鈴木さん、安元さんが「カッコイイ」をテーマにしたアイテムで挑戦。笑ってしまったり微妙に動いてしまったり、鬼にたどり着くまでに少しずつマイナスポイントが加算されました。
 森久保チームは緑川さん、須藤さん、高橋さん、前野さんとなり、「カワイイ」のテーマに挑みます。緑川さんが耳のついたフードを被って登場し、会場中の「可愛いー!!」という歓声を独り占めしたものの、鳥海チームと同様に誰も鬼へとたどり着けず、両チームともマイナスポイントでの争いとなってしまいました。

 ここで『ワンド オブ フォーチュン』のユリウスを演じた櫻井孝宏さんからのビデオメッセージを挟み、両チームは最後の戦いへ。結果、鳥海チームが敗れてしまい、ファンから寄せられた「メロきゅん★ワード」を読み上げます。思わずドキドキしてしまうようなセリフのオンパレードに、会場を黄色い歓声が包み込みました。

 『猛獣使いと王子様』の朗読劇「王子様は友達が少ない」では、マティアスとクラウスが一触即発の空気に。状況がわからないアルフレートをよそに、あわや断交にまで発展しそうになった仲たがいの原因とは……? 
 トークコーナーでは、緑川さんが『猛獣使いと王子様』でオトメイトパーティーに参加するのはとても久しぶりと話し、安元さんは5月30日に発売されたNintendo Switch向けソフト『猛獣使いと王子様 〜Flower & Snow〜』は動物たちをモフモフするのに最適だとアピールしていました。

 『薄桜鬼 真改』の朗読劇は「彼女への想い」。屯所の留守を預かっていた斎藤一、沖田総司、原田左之助のもとへ、妻を迎えに来たという風間千景が登場。千鶴を守るため、3人は彼女をどれだけ大切に想っているかを改めて言葉にします。

 続くライブパフォーマンスでは、吉岡亜衣加さんが9月26日の発売に先駆け、Nintendo Switch向けソフト『薄桜鬼 真改 月影ノ抄』のエンディング曲「微笑みのほとり」を凛と歌い上げました。吉岡さんは「ラブレターのような朗読劇から、爽やかな気持ちのまま歌えました」と笑顔を見せてくれました。

 イベントの最後は令和になっても」、「オトメイト!」、「あ・い・う・え」、「オトメイト!」、「梅雨入り前に」、「オトメイト!」というコール&レスポンスで会場が一体となり、2時間以上にもわたった公演は大盛況のうちに幕を閉じました。

ゲーム新作&舞台・アプリほか新情報も盛りだくさん!

 オトメイトパーティーでは毎年新作発表が話題となります。今年は、アプリ『クリムゾンクラン』の配信予定日が7月4日に決定し、イベントでは梶裕貴さんによる配信日決定コメント動画も公開。さらに2019年配信予定のアプリ『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』の新たな告知映像をはじめ、『Collar×Malice』の舞台化第2弾『CharadeManiacs』のキャラクターソング&ドラマCD全3巻の発売『薄桜鬼』の実写ドラマ化などが発表となりました。

 また、これから発売予定の作品として、新規展開タイトルとオトメイト移植作、発表済み3タイトルの新規情報が発表されました。

新ブランド「QuinRose reborn」誕生! 「スペードの国のアリス」の2部作

 オトメイトのサブブランドとして、「QuinRose reborn(クインロゼ リボーン)」が誕生。第一弾は「スペードの国のアリス」の2部作が発売予定。“reborn”=新たに生まれ変わったQuinRose reborn」の今後に期待!

『スペードの国のアリス ~Wonderful White World~』、『スペードの国のアリス ~Wonderful Black World~』

銃弾飛び交う不思議の国(ワンダーランド)。帰りたいと、いつまで思えるか──

ジャンル:銃弾飛び交う恋愛AVG
イラストレーター:藤丸豆ノ介、シナリオ:五月 攻
主題歌(歌手):ヒサノ、主題歌・BGM(作曲):鞠
ハード:Nintendo Switch
公式Twitter:@spadealice_info
(C)IDEA FACTORY

新規展開タイトルも続々登場!

『キューピット・パラサイト』

恋の女神・キューピット(ヒロイン)。諸般の事情(親子喧嘩)により、人間界へ降臨(家出)し、仕事で大成功(トップブライダルアドバイザー)!? キュートでハッピーでハチャメチャな、女神×婚活ラブコメディー! 話題作『蛇香のライラ ~Allure of MUSK~』を手掛けたディレクター:立松文悦×シナリオ:吉村りりかによる最新作。

アナタは、彼らの【恋のキューピット】そして、【キューピット 】

ジャンル:女性向け恋愛AVG
ハード:Nintendo Switch
発売:2020年発売予定
(C)2020 IDEA FACTORY

『DAIROKU:AYAKASHIMORI』

政府直轄特殊庁──古から続いてきた特殊な仕事を担う部署。その中に存在する【怪異課第六特別対策室】。彼らは妖の暮らす世界の管理者だった。

不思議だらけの隠世で妖たちを統括・管理する生活が始まる──

ジャンル:異世界で心を繋ぐAVG
イラストレーター:スオウ、主題歌:豊永利行、妖
キャスト:豊永利行、鈴木達央、櫻井孝宏、小林裕介、逢坂良太
ハード:Nintendo Switch
発売:2020年発売予定
公式Twitter:@D6_Info
(C)2020 IDEA FACTORY

『時計仕掛けのアポカリプス』

積み重ねた日々や想いを壊すことになったとしても、それでもまだキミがいるから未来への希望は失わない。これは “バッドエンド”から始まる物語。

ジャンル:女性向け恋愛AVG
シナリオ:雨宮うた、主題歌:緒方恵美、ディレクター:斉藤あさみ
ハード:Nintendo Switch
(C)2020 IDEA FACTORY

『ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926-』

2018年8月30日に発売された『ピオフィオーレの晩鐘』の続編タイトル!

物語は、黄昏に抗う激動の1926年へ──

ジャンル:女性向け恋愛AVG
ディレクター:高村旭、キャラクターデザイン・原画:RiRi
キャスト:石川界人、森久保祥太郎、岡本信彦、木村良平、豊永利行、立花慎之介
ハード:Nintendo Switch
公式Twitter :@pf_otomate
(C)IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY

『明治活劇 ハイカラ流星組 -成敗しませう、世直し稼業-』

『華ヤカ哉我ガ一族』、『天涯ニ舞ウ、粋ナ花』でお馴染みイチカラムによる最新作。

時は明治。帝都に降り積もる、恨み、辛み。その心の闇を晴らす集団がいた。人々は彼らを「ハイカラ流星組」と呼ぶ──

ジャンル:女性向け恋愛AVG
企画・監修・シナリオ:高木亜由美、原画・キャラクターデザイン:清白かりん
主題歌(作詞・作曲):志倉千代丸、歌:+α/あるふぁきゅん。
ハード :Nintendo Switch
発売:2020年発売予定
公式サイト:http://www.otomate.jp/haikara/ 
公式Twitter:@haikara_otomate 
(C)2020 IDEA FACTORY/ichicolumn inc.

オトメイトの移植系タイトル

『AMNESIA for Nintendo Switch』
『AMNESIA LATER×CROWD for Nintendo Switch』

『AMNESIA for Nintendo Switch』は、2013年12月19日に発売された記憶喪失×サスペンス×ミステリー『AMNESIA V Edition』の移植作。
 そして、『AMNESIA LATER×CROWD for Nintendo Switch』は、2014年10月16日に発売された「AMNESIA LATER×CROWD V Edition」の移植作。同作は「AMNESIA」のふたつのファンディスクがひとつになったものです。

『AMNESIA for Nintendo Switch』
記憶の奥底に眠る想い、目覚めの時は今──。

ジャンル:女性向け恋愛AVG
キャラクターデザイン・原画:花邑まい
キャスト:柿原徹也、谷山紀章、石田 彰、日野 聡、宮田幸季
ハード:Nintendo Switch
発売:2019年9月12日予定
価格:通常版/6,300円(税込6,804円)、
   限定版/8,300円(税込8,964円)、
   ダウンロード版/6,300円(税込6,804円)
(C)2019 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY


『AMNESIA LATER×CROWD for Nintendo Switch』

記憶に導かれた指輪と蝶、それは未来へと繋がる物語──。

ジャンル:女性向け恋愛AVG
キャスト:柿原徹也、谷山紀章、石田 彰、日野 聡、宮田幸季、五十嵐裕美
ハード:Nintendo Switch
発売:2019年10月3日予定
価格: 通常版/6,800円(税込7,344円)
   限定版/8,800円(税込9,504円)、
   ダウンロード版/6,800円(税込7,344円)
(C)2019 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY

『Collar×Malice for Nintendo Switch』


2016年8月18日に発売された「Collar×Malice」と、2018年7月26日に発売された「Collar×Malice -Unlimited-」をひとつにした移植作。

ジャンル:ラブ×サスペンスAVG
プロデューサー:島れいこ、キャラクターデザイン・原画:花邑まい
キャスト:森田成一、梶 裕貴、斉藤壮馬、浪川大輔、木村良平、小野友樹、野島裕史、福原綾香、長瀬ユウ、小松奈生子、てらそままさき、吉村和紘、竹内良太、江口拓也、蒼井翔太、鳥海浩輔、前野智昭、上田麗奈、鈴木裕斗、岡本信彦、米澤 円、花江夏樹、山崎はるか、浜田賢二
ハード:Nintendo Switch
発売:2020年発売予定
公式Twitter:@CM_otomate
(C)2020 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY

新情報公開タイトルも目白押し!

『オランピアソワレ』


『ニル・アドミラリの天秤』シリーズのスタッフによる色彩ファンタジー。

 

これは辿り着いていたかもしれないもう一つの神話の物語

ジャンル:女性向け恋愛AVG
ディレクター:渡邉 渡、イラストレーター:さとい、シナリオ:片桐由摩
キャスト:松岡禎丞、杉田智和、島﨑信長、上村祐翔、内田雄馬、堀江 瞬
ハード:Nintendo Switch
公式Twitter:@Olympia_otomate
(C)2020 IDEA FACTORY

『幻奏喫茶アンシャンテ』


人と、人ならざる者の恋。人と人外という異なる世界を生きる相手との恋。
とある街の裏路地にある落ち着いた喫茶店を舞台に、店の常連である魔王、首無し騎士、堕天使、魔獣といった個性豊かな【人外】との交流と恋模様を描く。

 

異世界、人外、喫茶店。

ジャンル:女性向け恋愛AVG
ディレクター:一ジョー、原画:ユウヤ、シナリオ:中山智美、小縞なお
キャスト:赤羽根健治、梅原裕一郎、石川界人、小野友樹、諏訪部順一
ハード:Nintendo Switch
発売:2019年10月10日予定
価格: 通常版/6,300円(税込6,804円)
    限定版/8,300円(税込8,964円)
ダウンロード版/6,300円(税込6,804円)
公式サイト:http://www.otomate.jp/enchante/  ※6月20日公開予定
公式Twitter:@Enchanteotomate
(C)2019 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY

『ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~』


栄華を極めた平家と、没落の中にある源氏──。源氏の御曹司として育てられた、少女の戦いが今はじまる。
「オトメイト×RED」が紡ぎ出す恋愛アドベンチャーゲーム!

 

新たな源平合戦が今、幕をあける──

ジャンル:女性向け恋愛AVG
ディレクター:伊東愛
メインキャラクター原案:羽田浩二、主題歌:天月-あまつき-
キャスト:古川 慎、福山 潤、河西健吾、梅原裕一郎、斉藤壮馬
ハード:Nintendo Switch
発売:2020年予定
(C)2020 IDEA FACTORY/RED

「オトメイトパーティー2019」当日公開のムービー!」

PlayStation Vita『CharadeManiacs』ドラマCD告知ムービー


Nintendo Switch「片恋いコントラスト ―collection of branch―」 プロモーションムービー


「セフィロト~時の世界樹~」公開ムービー

「Café and Bar Dante’s Peak」公開ムービー

『クリムゾンクラン』梶裕貴さん(有里諒役)による配信日発表コメント

 令和最初のオトメイトパーティーも、これまで以上に多彩な企画が発表となりました。Nintendo Switch向けの新作タイトルをはじめ、アプリや舞台・実写化についても今後の情報に期待が高まりますね。

【あわせて読みたい】

 

乙女ゲーム史に残る名作『薄桜鬼』シリーズ10周年! いまも愛され続けている魅力とは【プロデューサー藤澤経清インタビュー】

「オトメイトパーティー2019」6月1日夜公演の作品としても登場した「薄桜鬼」シリーズ。その魅力をプロデューサーが語る。

関連記事:

青春は革命だ!『ベルばら』×「オトメイト」の学園恋愛ゲームが誕生 『私立ベルばら学園 ~ベルサイユのばらRe*imagination~』

任天堂がNintendo Switchの“乙女ゲーム”特集サイト「Nintendo Switch 乙女GAMES」を開設

インタビュアー・著者
AAAからインディーズ、乙女・育成ゲーまで遊ぶゲームがないと生きていけない人。好みのイケメンキャラが死にやすい、乙女ゲームですぐバッドエンドに直行してしまうのが悩み。『Gamer』、『4Gamer』ほかで、IT/ビジネス系やサブカルなど幅広いジャンルの記事を執筆中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧