いま読まれている記事

『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラのペット用お洋服まで、かわいすぎるスクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。「バスターソード」の爪とぎなどユニークなアイテムも

article-thumbnail-240406d

4月4日(木)〜7日(日)の期間、東京ビッグサイトで開催されている日本最大級のペット産業見本市「インターペット」。ビジネス向けの展示にとどまらず、ペット同伴で会場内を歩けることもあってかあちらこちらでワンちゃん連れの姿を見かけるなど、ゲームの展示会に足を運ぶことの多い筆者としてはユニークかつ、かわいすぎるイベントであった。

その中でもひときわ意外な出展ブースが、スクウェア・エニックスが新たに展開することになったペットグッズブランドの「SQEX PETs」である。同社の『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』、『キングダム ハーツ』のタイトルを冠した3つのシリーズが展示されていた。

スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_001

「SQEX PETs」は、スクウェア・エニックス社内の「ペットを飼っている社員が多くいるのに、同社のタイトルグッズがない」という声をきっかけに誕生したブランドだ。本稿では同ブース内で出展されていたアイテムを中心にレポートをお届けする。

文・取材/高島おしゃむ


「あ、ドラクエだ!」と駆け寄る来場者もたくさん。ペットの写真を撮れるフォトコーナーは行列ができる人気ぶり

今回メインで出展されていたペットグッズはすべて開発中。そのためか、ブースのすぐ横に『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』、『キングダム ハーツ』のぬいぐるみやマグカップ、カンバッジにアクリルスタンド、ボールペンやハンドタオルなど、実際に購入可能な「人間用」グッズも並べられていた。

ブースは「ゲーム」らしいポップさよりは、誰でも入りやすい雰囲気大人向けのシックなムードであった。そんな中に「キングスライム」モチーフのものなどアイコニックなグッズも並べられており、ブース内にいると「あ、ドラクエだ!」と駆け寄る来場者を多数見かけたことも印象的であった。

ブース内では、先述のグッズ販売コーナーにくわえてそれぞれのタイトルをモチーフにした「DRAGON QUEST & Pets」「KINGDOM HEARTS &PETs」「FINAL FANTASY &PETs」の大きく3つに分けられてグッズが展示されていた。また、ブースの奥にはペット写真が撮れるフォトブースがふたつ設けられており、時間帯によっては行列ができるほどの人気を見せていた。

スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_004
▲『ドラクエ』世代の人たちは、キングスライムを見つけて駆け寄ってくる人が多かった。
スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_005
▲ブースの奥には、ペットの写真が撮れるフォトブースも用意されていた。
スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_006
▲色鮮やかな花に囲まれて映え写真が撮れる

『ファイナルファンタジー』シリーズと『キングダム ハーツ』シリーズのグッズ、なんと野村哲也氏が監修。「バスターソード」の爪とぎやおもちゃがかわいすぎる

「SQEX PETs」で扱っているタイトルのうち、『ファイナルファンタジー』シリーズと『キングダム ハーツ』シリーズについては、ゲームのキャラクターデザインとゲームデザイン、ディレクターなどを務めた野村哲也氏がアイテムの監修を務めている

さらに、野村氏が手がけた「FINAL FANTASY &PETs」のロゴもブース中央で来場者をお出迎え。『ファイナルファンタジー7』に登場する「ナナキ(レッドⅩⅢ)」と「ケット・シー」が、まったりとくつろいでいるような、癒しのムードあふれるかわいらしいイラストとなっている。

スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_007
▲こちらの「FINAL FANTASY &PETs」のロゴデザインは、野村哲也氏が描いたものだ。

「FINAL FANTASY &PETs」として出展されていたのは、「ロープトイ for Dog バスターソード」、「爪とぎ バスターソード」、「爪とぎ デブモーグリ」、「ドーム型ペットハウス ゴールドソーサー」の4点。『FINAL FANTASY VII』に登場したアイテムやキャラクターなどがモチーフになっており、ファンなら思わずニヤリとしてしまう仕上がりとなっている。

スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_008
▲「FINAL FANTASY &PETs」のグッズたち。
スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_009
▲『FF7』の名所でもあるゴールドソーサーの施設をモチーフにした、『ドーム型ペットハウス ゴールドソーサー』。
スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_010
▲こちらは、クラウドの武器であるバスターソードをモチーフにした『爪とぎ バスターソード』だ。
スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_011
▲デブモーグリの表情がなんともキュートな『爪とぎ デブモーグリ』。
スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_012
▲小ぶりながら見た目の再現度は高い『ロープトイ for Dog バスターソード』。

 

『キングダム ハーツ』アイテムを取扱う「KINGDOM HEARTS &PETs」からは、「ドッグウェア ソラ」、「ペットベッド モノグラム」、「ペットリード モノグラム」、「ロープトイ for Dog パオプの実」、「ペットバンダナ モノグラム」、「お散歩バッグ クラウン」、「カフェマット モノグラム」、「爪とぎ クラウン」の8点が登場。

中でもスタッフの方がオススメだと語るのが「ドッグウェア ソラ」だ。こちらは犬用の洋服で、シリーズの主人公である「ソラ」の衣装を再現したもの。特徴的なフードや重ね着風のディテールなど、こだわりの詰まった仕様だ。

スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_013
▲こちらは「KINGDOM HEARTS &PETs」のグッズたち。
スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_014
▲スタッフイチオシのアイテム『ドッグウェア ソラ』

スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_015

スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_016
▲ペットたちもゆっくりとくつろげそうだ。

アイコニックな「スライム」デザインのグッズも登場。マットやペットリードなど、唯一のデザインながらスタンダードなラインナップが嬉しい

ブースの中でもひときわポップな「DRAGON QUEST & Pets」からは、「ペットバンダナ スライム」、「ペットバンダナ スライムパターン」、「ペットリード スライム」、「ペットリード メタルスライム」、「カフェマット スライム」、「カフェマット はぐれメタル」、「ドーム型ペットハウス スライム」、「ドーム型ペットハウス キングスライム」の8点が出展。

スライムがモチーフになっていることから、いずれのアイテムも鮮やかなブルーが目を引く。「スライム」のチャームが揺れるペットリードや「スライム」の形をしたユニークなペットハウスなど、日常を楽しく彩ってくれそうなアイテムが並んでいた。

スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_017
▲こちらが今回出展されていた「DRAGON QUEST & Pets」のアイテムたち。
スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_018
▲ペットリードはスライムとメタルスライムの2種類が展示されていた。
スクエニのペットブランド「SQEX PETs」が始動。『ドラクエ』スライム型のペットハウスや『キングダム ハーツ』ソラの衣装など_019
▲ドーム型ペットハウスもスライムとキングスライムの2種類が展示

「SQEX PETs」ブースでは、上記で紹介したように多数のグッズが参考出品されていた。さらに、同ブランドでは展示されていたもの以外のグッズについても開発中とのことだ。なお、今回出店されていたアイテムはいずれも開発中となっており、執筆時点では具体的な発売時期や販売方法などは未発表となっている。公式サイトなどをチェックのうえ、愛しい家族と共に続報を待とう。

ライター
ライター/編集者。コンピューターホビー雑誌「ログイン」の編集者を経て、1999年よりフリーに。 現在はゲームやホビー、IT、XR系のメディアを中心に、イベント取材やインタビュー、レビュー、コラム記事などを執筆しています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月26日10時~2024年5月26日11時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ