初代『ぷよぷよ』と『ぷよぷよ通』AC版がNintendo Switchで復刻。オンライン対戦にも対応

 2018年12月16日に開催された「セガゲームス公式『ぷよぷよチャンピオンシップ』2018年度12月大会」にて、「SEGA AGES」シリーズとして『ぷよぷよ』、『ぷよぷよ通』がNintendo Switch向けに配信予定であると発表された。

(画像は【eスポーツプロ大会】「ぷよぷよチャンピオンシップ」2018年度12月大会生中継 – YouTubeより)

 これらタイトルは、落ちものパズルゲームとして有名な『ぷよぷよ』シリーズの初代および2作目となる。セガに関連したさまざまなタイトルを復刻させるシリーズ「SEGA AGES」として展開が行われ、今回はアーケード版が移植。また、新たな要素としてオンライン対戦にも対応予定とのこと。

 この2作品はメガドライブやスーパーファミコン、最近ではニンテンドー3DSなど実にさまざまなハードで移植が行われているが、今回の発表はファンにとって嬉しいものになるだろう。オンライン対戦に対応した初代『ぷよぷよ』のアーケード版は、2011年4月にWiiのバーチャルコンソールで配信されていた。しかし2014年5月にニンテンドーWi-Fiコネクションのサービスが終了してしまったため、ここ数年は初代ルールでのオンライン対戦を行うことができなかった。

 『ぷよぷよ通』のルールによるオンライン対戦は近年の作品では定番ルールになっており、最新作である『ぷよぷよeスポーツ』でも遊ぶことができるものの、オンライン対戦に対応した移植版としてはやはり2011年6月に配信されたWiiのバーチャルコンソール版が最後となる。

 Nintendo Switch向け『ぷよぷよ』、『ぷよぷよ通』の配信時期は未定。詳細は続報で発表されるとのこと。

文/渡邉卓也

関連記事:

『ぷよぷよ』不定形47連鎖の挑戦──15時間かけて成功した秘訣は「息をするようにぷよぷよ」

【田中圭一連載:ぷよぷよ編】大ヒット落ち物パズルをかつて手がけた仁井谷正充の成功と挫折。経営難で抱えた負債90億円からの復活

著者
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧