『ソニック』シリーズが1ドルから買える「HUMBLE SONIC BUNDLE」が販売開始、Steamからは購入不可タイトルも収録

 Humble Bundleは、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のアクションゲームシリーズを数多く網羅した「HUMBLE SONIC BUNDLE」販売を、2週間の期間限定で開始した。

 最低価格1ドルからのPWYW方式(Pay What You Want、欲しい分だけ支払う方式)で、支払い金額に応じて入手できるナンバリングタイトルや追加ダウンロードコンテンツ、スピンオフ作品が増えていく仕組みだ。売り上げは開発元へ還元もしくは慈善団体へ寄付され、その割合はユーザーが自由に設定できる。

(画像はHumble Sonic Bundleより)

 「HUMBLE SONIC BUNDLE」では、1ドル以上の支払いで『Sonic the Hedgehog 4 – Episode I』『Sonic Adventure DX』『Sonic CD』『Sonic & SEGA All-Stars Racing』『Sonic Adventure 2』『Sonic Adventure 2 Battle DLC』の6本が、全体の平均額(記事執筆時点では7.13ドル)以上の支払いで加えて『Sonic & All-Stars Racing Transformed Collection』『Sonic Lost World』『Sonic Generations Collection』『Sonic the Hedgehog 4 – Episode 2』が入手できる。さらに、15ドル以上の支払いで『Sonic Mania』『Sonic Forces』がついてくる。

 『ソニックシリーズ』は、1991年にメガドライブで発売された第1作『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』から四半世紀以上にわたって続く、セガの看板キャラクターが主人公のアクションゲームシリーズ。また、これまでに『ソニック ドリフト』や『ソニックR』をはじめとしたレースゲームのほか、『ソニック・スピンボール』や『ソニックシャッフル』など、その他のジャンルでも多くの作品が世界に放たれてきた。

 このほか、スピンオフやコラボ作品、ゲスト出演も数多くあり、任天堂のオールスター対戦ゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズに参戦しているほか、映画『シュガー・ラッシュ』にも主人公ソニックと悪役エッグマンが特別出演している。

 今回のバンドルに含まれている『Sonic Lost World』、『Sonic Mania』、『Sonic Forces』は、Steamストアからも購入可能で日本語にも対応しているが、そのほかの作品については現時点で日本国内からSteamを通じて購入することはできない。

 『ソニックシリーズ』のPC版は、Steamストアでの国内販売が制限されていることも多く、日本のユーザーがお目にかかることは少ない。日本語に対応していない可能性は高いが、上記3タイトル以外の製品を国内から購入できる貴重な機会といえる。なお、通常版『Sonic & SEGA All-Stars Racing』(日本語には未対応)はSteamストアで国内からでも購入できる。

文/Ritsuko Kawai

関連記事:

セガの天才プログラマー中裕司が明かす「ソニック」「PSO」開発裏話。セガのネット対応は“ある男”のポケットマネーだった…?【ニコ生書き起こし】

ハリウッド実写映画版『ソニック』のポスター初公開。エッグマンをジム・キャリーが演じる

著者
Ritsuko Kawai
ライター・ジャーナリスト。カナダで青春時代を過ごし、現地の大学で応用数学を専攻。帰国後は塾講師やホステスなど様々な職業を経て、ゲームメディアの編集者を経験。その後、独立して業界やジャンルを問わずフリーランスとして活動。趣味は料理とPCゲーム。ストラテジーゲームとコーヒーが大好き。
 
Twitter: @alice2501
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ