PC版『The Walking Dead』最終シーズンはEpic Games Storeでのみ販売へ。購入済みユーザーは引き続きSteamやGOGでプレイ可能

 アドベンチャーゲーム『The Walking Dead』の開発・販売を担当するSkybound Gamesは21日、Epic Gamesとパートナー契約を結んだことを発表し、現在開発中の『The Walking Dead: The Final Season』のPC版は今後Epic Games Storeでのみ販売する意向である旨を明らかにした。

 すでに同シーズンをSteamやGOGで購入済みのユーザーについては、引き続き任意のプラットフォームにて最新エピソードをプレイできる。

(画像はSkybound.comより)

 同名のテレビドラマおよびグラフィックノベルを原作とする『The Walking Dead』シリーズは、これまで数々のアドベンチャーゲームを手がけてきたTelltale Gamesが開発し、2012年に『The Walking Dead: A Telltale Games Series』としてシーズン1が発売された。
 各5つのエピソードを収録するシーズン形式の販売を続けてきたが、2018年9月にTelltale Gamesが資金難を理由にスタジオの閉鎖を発表。配信途中だった最終シーズンは、エピソード2を最後に事実上の販売停止に陥った。

 その後、同年10月にSkybound Entertainmentが同シリーズの開発および販売を引き継ぐことを発表した。今後の運営は、同社のゲーム出版部門にあたるSkybound Gamesが担当し、開発にはTelltale Gamesから解雇された従来メンバーの多くが引き続き参加する。

 ちなみにSkybound Entertainmentは、原作であるグラフィックノベル「The Walking Dead」の著者ロバート・カークマンが2010年に創業した企業。今年4月に設立されたゲーム部門は主にインディーゲームの出版に注力しており、『Slime Rancher』『The Long Dark』といったPCゲームのコンソール販売も手がけている。

 今回の発表に際してSkybound Gamesは、本作の登場キャラクター「クレメンタイン」を演じる声優メリッサ・ハッチソンを招き、FAQに回答する映像を公開している。それによると、『The Walking Dead』の過去シーズンのエピソードは、ユーザーが同作を所有している任意のプラットフォームで従来どおりプレイ可能で、セーブデータもクラウド上にて引き継がれる。また、同社は現在のところ、『The Walking Dead』以外のTelltale作品には携わっていないとのこと。

 『The Walking Dead: The Final Season』のエピソード3は、2019年1月15日から配信予定。繰り返しになるが、すでにシーズンパスを購入しているユーザーは、配信開始と同時に元のプラットフォームでプレイできるので、Epic Games Storeから再度購入する必要はない。

文/Ritsuko Kawai

関連記事:

アドベンチャーゲームでゲーム・オブ・ザ・イヤーも手に入れたTelltale Gamesの大規模レイオフ。現在は『The Walking Dead』最終シーズン続行のために水面下で交渉中

あの残虐すぎる男が「ルシール」を手に『鉄拳7』へやってくる。「ウォーキング・デッド」からのDLC「ニーガン」の新PV公開

著者
Ritsuko Kawai
ライター・ジャーナリスト。カナダで青春時代を過ごし、現地の大学で応用数学を専攻。帰国後は塾講師やホステスなど様々な職業を経て、ゲームメディアの編集者を経験。その後、独立して業界やジャンルを問わずフリーランスとして活動。趣味は料理とPCゲーム。ストラテジーゲームとコーヒーが大好き。
 
Twitter: @alice2501
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧