Nintendo Switch、2018年のDLランキングが発表。DL専売1位は『ヒューマン フォール フラット』に

 任天堂は、2018年にニンテンドーeショップでDLされたNintendo Switch向けソフトのランキングを発表した。

(画像は2018年 ダウンロードランキング|ゲームソフト | 任天堂より)

 このランキングでは、パッケージソフトとDL版の両方がある「パッケージソフト ダウンロード版」という項目と、DL版オンリーのタイトルが集められた「ダウンロード専用ソフト」の2項目に分けられて上位30タイトルが発表されている。上位3タイトルは以下のようになる。

■パッケージソフト ダウンロード版
・1位:『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』
・2位:『マリオカート8 デラックス』
・3位:『Overcooked 2 – オーバークック2』

 

■ダウンロード専用ソフト
・1位:『ヒューマン フォール フラット』
・2位:『Stardew Valley』
・3位:『ぷよぷよeスポーツ』

 

(画像はNintendo Switch|ダウンロード購入|大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALより)

 それぞれのタイトルを詳しく見ていこう。破竹の勢いといえる『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』はやはり「パッケージソフト ダウンロード版」でも1位を獲得。DL版の具体的な販売数こそ発表されていないものの、2018年中に、日本国内ではパッケージ版が230万本を突破しており、同様にDL版もかなりの勢いがあったものと見られる。

(画像はNintendo Switch|ダウンロード購入|マリオカート8 デラックスより)

 2位の『マリオカート8 デラックス』は2017年4月28日に発売されたタイトルだが、それでもランクインを果たしている。もともとおすそ分けプレイで友人や家族と一緒に遊びやすく、Nintendo Switchのスタイルと合致していることが大きいだろう。ランキング全体を見ても、そういったマルチプレイ向きタイトルが多くランクインしている。

 2018年7月には『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』とのコラボが実施、さらに2018年6月にはバイクToy-Conに、9月にはクルマToy-Conに対応するといったアップデートも欠かさないのも要因だろう。なお、本作は全累計だと1171万本の販売を記録しており、Wii Uのゲームに要素を追加したタイトルだと考えると驚くべき成果を残しているうえ、まだ人気が続いているようだ。

(画像はNintendo Switch|ダウンロード購入|Overcooked 2 – オーバークック2より)

 3位は『Overcooked 2 – オーバークック2』である。こちらもマルチプレイ向けのクッキングアクションゲームで、2018年8月7日にDL版が販売開始、2018年11月29日にパッケージ版が発売されている。

 前作となる『Overcooked – オーバークック スペシャルエディション』は「ダウンロード専用ソフト」で4位にランクインしており、2018年4月下旬時点で累計売り上げ50万本を達成していた。もとよりNintendo Switchで人気に火がついたタイトルの続編がタイミングよく登場したということで、ベスト3入りできたのだろう。

(画像はNintendo Switch|ダウンロード購入|ヒューマン フォール フラットより)

 「ダウンロード専用ソフト」の1位は『ヒューマン フォール フラット』になった。本作は紙粘土のような見た目をしたふにゃふにゃの「ボブ」を操作してパズルを解いていくゲームであり、2018年6月時点で全ハード累計売り上げが400万本を突破している。

 もともとPC版で人気を集めていたタイトルで、とても映像映えするところも大きなポイントだろう。各種ゲーム実況動画はもちろん、任天堂の「よゐこのインディーでお宝探し生活」というWeb番組でも本作が紹介されている。お笑い芸人である濱口優氏により「ふにゃべえ」という愛称をつけられており、この名前で知っているという人も少なくない。

 また、本作のパブリッシャーがテヨンジャパンであることも注目したい。ポーランドの子会社であるこのパブリッシャーは、ニンテンドーDSiウェアのころから活動を行っているが、正直なところニンテンドー3DSあたりまでは微妙なタイトルを販売・開発しているイメージが強かった。しかしNintendo Switchになってからは『タロミア』『ザ フレイム イン ザ フラッド』など見どころのある作品の販売を担当するようになり、こうしてランキング1位に入るまで成長している。

(画像はNintendo Switch|ダウンロード購入|Stardew Valleyより)

 「ダウンロード専用ソフト」2位は、田舎暮らしを楽しむシミュレーションゲーム『Stardew Valley』。本作はDL版しか登場していないものの2018年4月下旬時点で、Nintendo Switch版の世界累計販売数がミリオンに迫る状態になっていた。もともとPCで人気のあるタイトルなうえ、さらに2018年12月にはマルチプレイアップデートが実施しており、人気に拍車がかかった。

(画像はNintendo Switch|ダウンロード購入|ぷよぷよeスポーツより)

 3位は『ぷよぷよeスポーツ』である。パズルゲーム『ぷよぷよ』の対戦特化型タイトルである本作は、販売本数こそ明かされていないが2018年10月25日に配信開始され、11月30日まで500円というかなりのセール価格で販売したことがランクインに繋がったものと見られる。

 全般的に「パッケージソフト ダウンロード版」ランキングは任天堂のタイトルが強いものの、9位に『Minecraft』、12位に『UNDERTALE』と人気のインディータイトルのランクインも目立つ。昨今の任天堂はインディータイトルの紹介番組「Indie World」なども放送しており、それが結果に表れているようだ。

 また、「ダウンロード専用ソフト」では6位に『ふたりで!にゃんこ大戦争』、9位に『みんなで空気読み。』といったスマホ向けタイトルのNintendo Switch版がランクインしている。ニンテンドー3DSのころから「スマホで人気だったタイトルの移植版」が人気を博しており、それがNintendo Switchにも引き継がれているものと思われる。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

『Travis Strikes Again: No More Heroes』が本日Nintendo Switchで発売。怒涛のパロディとメタネタてんこ盛り、スタイリッシュなSUDA51ワールドが展開

まるでNintendo Switchのようなファミコン・NES互換ゲーム機「RETRO CHAMP」発表。テレビに繋いでも遊べる7インチのモニタを持つポータブルゲームコンソール

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧