『Fallout』の「Pip Boy」をモチーフにした“原子力”スマートウォッチが発売、ただし動力はリチウムイオン電池

 ゲームや映画を専門に公式ライセンスグッズを販売するオンラインストアMerchoidは、ロールプレイングゲーム『Fallout』シリーズに登場するウェアラブルデバイス「Pip-Boy」をモチーフにしたスマートウォッチ、「Fallout: Nuclear Powered Smartwatch」予約販売を開始した。価格は142.99ドルで、2019年3月の発売を予定している。

(画像はMerchoid | Fallout: Nuclear Powered Smartwatch Preorderより)

 ストアページによると、ゲーム内で数々のテクノロジーの開発元として登場する超巨大企業、Vault-Tec社と共同開発された21世紀のデバイスで、オペレーティングシステム「Pip-OS V1.0.1」を搭載しているという設定。この形式番号は『Fallout 3』で主人公が幼少期を過ごしたワシントンDCのシェルター「Vault 101」に由来するものと考えられる。

 対応OSは、iOS 9.0およびAndroid 4.4以上で、Bluetoothにも対応。電話やメッセージ、カメラはもちろん、タッチスクリーンで同期したミュージックライブラリにもアクセスできる。このほか天気予報やアラーム、カレンダーといったスマートフォンの基本的な機能はほぼ完備している。また、フィットネストラッカーとして歩数や心拍数、睡眠状態をモニタリングできることに加えて、ムーブアラート機能も付いている。

(画像はMerchoid | Fallout: Nuclear Powered Smartwatch Preorderより)
(画像はMerchoid | Fallout: Nuclear Powered Smartwatch Preorderより)
(画像はMerchoid | Fallout: Nuclear Powered Smartwatch Preorderより)

 ちなみに原子力スマートウォッチという物騒な名前だが、実際の動力はリチウムイオン電池なので、ウェイストランド各地に散らばる廃車のように爆発したり、Rad値の上昇によって被爆したりする心配はない。

ライター/Ritsuko Kawai

関連記事:

『Fallout 76』では核兵器が世界だけでなくサーバーも破壊? 3回の核爆発を同時に引き起こしたユーザー現る

『Fallout 76』でプレストン・ガービーになりきるロールプレイを行うプレイヤーが出現。出会う人々に居住地のピンチを知らせる

ライター
Ritsuko Kawai
ライター・ジャーナリスト。カナダで青春時代を過ごし、現地の大学で応用数学を専攻。帰国後は塾講師やホステスなど様々な職業を経て、ゲームメディアの編集者を経験。その後、独立して業界やジャンルを問わずフリーランスとして活動。趣味は料理とPCゲーム。ストラテジーゲームとコーヒーが大好き。
 
Twitter: @alice2501
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ