「ベセスダ(町)のドラゴン」がイギリスで話題に。精巧な木彫り彫刻の出来に警察が交通事故の懸念も示す

 彫刻家のサイモン・オルーク氏と彼のチームが、巨大な木材から精巧なドラゴンの彫刻を作り野外に展示した。オークドラゴン、あるいは「Y Ddraig Derw」と名付けられたそれは、またたく間に話題となりパブリックアートとして観光名所になっている。オルーク氏は公式サイト「ベセスダ(Bethesda)のドラゴンを楽しんでくれてとても嬉しい」と伝えている。

 「ベセスダ」と聞くと、ゲーマーなら思わず『スカイリム』を筆頭とした『The Elder Scrolls』シリーズを思い浮かべてしまうところだろう。しかしこれは世界一有名なオープンワールドRPGの会社の名ではなく、奇妙な偶然の一致か、欧州にある町の名前なのだ。

 木彫りのドラゴンはイギリスのリバプールから西に約70キロ、ウェールズ北部に位置する人口5000人ほどの“ベセスダ”(Bethesda)と呼ばれる町に向かう途中に展示されている。私有地ではあるが、公共の道路からよく見える位置でもある。

(画像はサイモン・オルーク氏の公式サイトより)
彫刻になる前の木。製作期間はわずか6日間。
(画像はサイモン・オルーク氏の公式サイトより)
ドラゴンの全長は約7.6メートル、高さ1.8メートル。
(画像はサイモン・オルーク氏の公式サイトより)

 ウェールズにはドラゴンの伝説がある。赤い竜(Y Ddraig Goch)はブリテン島の大地の守護者であり、ゲルマン民族の守護者である白い竜と戦ったと伝えられている。ドラゴンはウェールズの土地や民族の象徴であり、ウェールズの旗にもドラゴンが描かれている。

 そんな由来もあってか製作されたこのドラゴンの彫刻だが、あまりに出来が良すぎたためか、ちょっとした問題も引き起こしている。このドラゴンを運転中にたまたま見た、あるいは見に来た人たちが道路脇に車を停めたり、減速することで大事故を起こす可能性が、地元警察より懸念されている。

 実際に、すでに1件の事故、いくつかのニアミスが起きているという。警察は「ドライバーへ、ドラゴンを見るときは近くの駐車場に停止し、運転中はドラゴンに気を取られず集中して安全な運転を心がけてほしい」と呼びかけている。

We, like everyone else love the 'Draig Dderw' (oak Dragon) recently erected in the Bethesda area, however we are…

HGC Bangor & Bethesda / NWP Bangor & Bethesdaさんの投稿 2019年1月29日火曜日


(画像はサイモン・オルーク氏の公式サイトより)

 「Y Ddraig Derw」を制作したサイモン・オルーク氏は、もともとはイラストレーションで学位を取得。子供向けの絵本執筆に興味があったものの、イラストのキャリアを積みながら木の剪定やケアを行うアーボリストの仕事についた。そのときにチェーンソーによる彫刻の奥深さに魅了されたオルーク氏は、2005年に独立。現在はさまざまな彫刻や家具を制作する傍ら、イギリスだけでなく、アメリカ、カナダ、オランダ、ドイツ、デンマーク、そして日本でチェーンソーによる彫刻競技に参加している。

 もし、“ベセスダ(町)のドラゴン”を見にウェールズに行く際は、車を減速したり路肩に停めたりしないように注意してほしい。せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまうかもしれない。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

『パンツァードラグーン』と『ツヴァイ』がリメイク決定!セガサターンの名作3Dシューティングが改善されたグラフィックと操作性で蘇る

アルトリア、ジャンヌ・ダルク など美麗カット80枚!『FGO』の世界観が見事に再現された珠玉のコスプレ写真大特集。本格的な武器の造形物に注目

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧