大量のゾンビが襲い来る4人Co-opシューター『World War Z』が4月16日発売決定。ゾンビの徘徊するマップで対戦する”PvPvZ”マルチプレイも搭載

 Focus Home Interactiveは、Saber Interactiveが手がけるCo-opシューター『World War Z』4月16日に発売すると発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、PC(Epic Games Store)。Epic Games Storeでの価格は4480円となっている。

 PC版の必要スペック情報も公開され、必要最低スペックにはCore i3-530やIntel HD 530などの名前が確認できる。最低限動作させることが目的であれば、かなり動作の軽いゲームになっているようだ。

 『World War Z』は同名の映画を原作とした、4人のプレイヤーが参加する協力重視のTPSだ。各プレイヤーはガンスリンガーやスラッシャーなど、6つのクラスからひとりを選んでゲームに参加する。モスクワやニューヨーク、エルサレムを舞台に、ゾンビであふれかえる地獄を協力して生き残りを目指す。

(画像は『World War Z』公式サイトより)
(画像は『World War Z』公式サイトより)

 もっとも特徴的なのは、Saberが本作のために開発した「Swarm Engine」による大量のゾンビ描写だ。ゾンビの大群はゲームが進むに連れ次第に群体として行動するようになり、最終的には一個の巨大なボスのように振る舞うようになる。たとえプレイヤーが高い場所に陣取ったとしても、ゾンビはまるで軍隊アリのように積み重なって追いかけてくる。

 また、ゾンビが徘徊するマップで4対4の”PvPvZ”マルチプレイが搭載されることも発表されている。ルールはデスマッチやキング・オブ・ザ・ヒル、ワクチンハントといった5種類のルールが用意されている。

 2017年の発表から人気映画のゲーム化ということで度々話題になってきた『World War Z』もついに発売となる。クラスベースの対ゾンビ4人Coopシューターに対戦マルチプレイも搭載した本作に興味があれば、発売日の4月16日を待ってほしい。

ライター/古嶋誉幸

関連記事:

ゾンビ好きには頭を撃って倒せる派と倒せない派がある!──マンガ家・福満しげゆきが、ゾンビそしてホラーをありったけ語る

【ロメロ追悼】「ゾンビ」がなければ、現在のゲームはなかった――ゲーム史に最も影響を与えた監督の訃報に思う…ゾンビとゲームの幸福な関係:「なんでゲームは面白い?」第十回

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧