『ファイナルファンタジーXV』DLC「エピソードアーデン」の配信日が決定。物語を補完する小説版の発売も明らかに

 スクウェア・エニックスは『小説 FINAL FANTASY XV -The Dawn Of The Future-』4月25日に発売すると発表した。著者は映島巡氏。ページ数は未定。本作はそのタイトルから、『FINAL FANTASY XV』の開発中止となったDLC「未来へのの夜明け」を小説化したものと思われる。

 価格は通常版が税込み1620円、前日譚となるアニメ『FINAL FANTASY XV EPISODE ARDYN – PROLOGUE』のBlu-rayなどが付属した限定版「CELEBRATION BOX」が税込み4860円となる。

 「未来へのの夜明け」と名付けられた『FINAL FANTASY XV』のDLCは、アーデン、アラネア、ルナフレーナ、ノクティスをそれぞれ主人公とした4つDLCで構成され、2019年春に展開予定だった。しかし昨年、制作を担当していたLUMINOUS PRODUCTIONSが新たなAAAタイトルの開発に注力する「重要な方針の変更」をすることになり、プロジェクトが見直されることに。結果的に「未来へのの夜明け」のDLCは「アーデン編」のみ発売するとし、残りの『EPISODE 外伝 アラネア「終わりの始まり」』、『EPISODE II ルナフレーナ「自由という選択」』、『EPISODE III ノクティス「最後の剣」』のDLCは開発中止すると告知された。

(画像はhttps://www.youtube.com/watch?v=12uSijjHnM8より)

 今回、発売することに決まった『小説 FINAL FANTASY XV -The Dawn Of The Future-』は、そのタイトルと目次から「アーデン編」を含めた「未来へのの夜明け」の4つのDLCがすべて小説化されるようだ。著者は映島巡氏は、永嶋恵美という名義でも知られる小説家で、過去には『ドラッグオンドラグーン』、『FINAL FANTASY XIII』の小説を手掛けたこともある。なお発売済みのDLCのシナリオは複数のライターによって執筆されており、そのシナリオを元に映島巡氏が小説として描くものと思われる。

 また小説の発売告知と同時に、「未来への夜明け」の唯一DLCの発売となるアーデン編となる、「EPISODE ARDYN」の発売日が3月26日に決定した。その前日譚となる短編アニメ「FINAL FANTASY XV EPISODE ARDYN – PROLOGUE」がYouTubeで無料公開されている。本編では最大の宿敵だったアーデンが、なぜルシス王家への復讐を始めたのか。本編から35年前を舞台に、神々に翻弄される”アーデン・ルシス・チェラム”の憎しみと苦しみを描く。

 『小説 FINAL FANTASY XV -The Dawn Of The Future-』によって、『FINAL FANTASY XV』の物語がどのような終幕を迎えるのか。DLC「EPISODE ARDYN」をプレイしつつ、小説で最後に描かれる物語を見届けたいところだ。

ライター/福山幸司

関連記事:

『FF15』ディレクター田畑氏が10月31日をもってスクエニを退社。アーデン編以外の追加エピソードは制作中止、会社リソースは新作へ

『FF15』のリードデザイナーが作るアクションアドベンチャー『No Straight Roads』の発売日が2019年春に決定。音ゲーが苦手でも楽しめる音ゲー

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧