スクウェア・エニックス、来年度から11のビジネス・ディビジョンを4つの開発事業本部に再編。2019年3月期Q3決算説明会で明らかに

 スクウェア・エニックスは、2019年2月5日に開催された2019年3月期第3四半期決算説明会の概要資料を公表している。

(画像は2019(平成31)年2月5日開催 第3四半期決算説明会(テレフォンカンファレンス)概要より)

 この資料によると、2019年3月期の業績は売上高が1790億円(前年同期比4.8%減)、営業利益が117億円(同65.3%減)、経常利益159億円(同54.1%減)となっている。

 HDゲームは『SHADOW OF THE TOMB RAIDER』『ジャストコーズ4』などを発売したものの、後者の初動発売本数が想像を下回る厳しい結果に。開発費の償却負担や広告宣伝費が増加したため、前年同期比で減益という形になった。

(画像はロマンシング サガ リ・ユニバース – Google Play のアプリより)

 MMOは前年に『ファイナルファンタジーXIV』『ドラゴンクエストX』の拡張版ディスクが発売されたため、それと比較すると減収減益に。スマートデバイス・PCブラウザ向けタイトルも、前期以降にサービスを開始したタイトルの多くが想定を下回る形になった。ただし、2018年12月に配信開始となった『ロマンシング サガ リ・ユニバース』は好調で、第4四半期から結果が出るようだ。

 第4四半期は『キングダム ハーツIII』や『ロマンシング サガ リ・ユニバース』で大幅な収益改善を図る。すでに報道されているように、『キングダム ハーツIII』は全世界の販売本数(DL版含む)が500万本を突破している。『ジャストコーズ4』もアップデートなどで2020年3月期のリピート販売を目指すとのこと。

(画像はスクウェア・エニックス公式サイトより)

 また質疑応答では、第2四半期決算説明会で触れられたスマートデバイス向けタイトルの開発方針の変更に関する情報も明らかになっている。現在スクウェア・エニックスのゲーム開発においては11のビジネス・ディビジョンが存在しており、それぞれで担当するタイトルが異なる。来年度からはこのビジネス・ディビジョンが4つの開発事業本部に再編・集約。業務の効率化・リソースの有効活用・ノウハウの集約化に取り組むとのこと。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

技術力が高すぎて「大手企業がバックにいるのでは?」と噂されていたVTuber集団、実は『ドラクエX』『ニーア』のスクエニ齊藤Pによるバーチャルアイドルグループだった──「GEMS COMPANY」珠根うた含む各メンバー総まとめ

『FF15』ディレクター田畑氏が10月31日をもってスクエニを退社。アーデン編以外の追加エピソードは制作中止、会社リソースは新作へ

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧