『ザ・キング・オブ・ファイターズ 2003』2月21日にPS4/Xbox One/スイッチで発売決定。アッシュ主人公の新シリーズ第一章が現行機で

 株式会社ハムスターは、アーケードゲームをコンソール機へと移植する 「アケアカNEOGEO」 シリーズの新作として、格闘ゲーム『アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイターズ 2003』(以下、KOF 2003)を2月21日に発売することを発表した。

 対応プラットフォームはNintendo Switch、PlayStation 4、Xbox One。価格はXbox Oneが840円、そのほかのプラットフォームは823円。

 『KOF 2003』は2003年に発売されたSNKの『KOF』シリーズの10作目となる格闘ゲームだ。草薙京、K’に続き、緑色の炎を操るアッシュ・クリムゾンがシリーズ3人目の主人公となる、通称「アッシュ編」の幕開けとなる。

 ゲームシステムはスタンダードな『KOF』の3対3を踏襲しているが、試合中に自由にチームメンバーを交代できる「マルチシフト」システムを初採用。体力がゼロになるとすぐにほかのキャラが登場し、そのまま戦闘が継続される。最初から必殺技ゲージが3つ溜まっていることもあり、かなり展開の速い戦いへと変貌を遂げた。

 また、『餓狼 MARK OF THE WOLVES』からグリフォンマスクと牙刀が初参戦し、『KOF』シリーズ常連だったアンディボガード、椎拳崇、鎮元斎らがする欠場するなど、参加キャラクターが大きく入れ替わった。特にグリフォンマスクの人気は高いようで、3Dとなった『ザ・キング・オブ・ファイターズXIV』では彼に非常によく似たプロレスラー、キング・オブ・ダイナソーが出場してファンを驚かせた。

 新シリーズへの移行に伴い、大きく変更されたシステムは調整不足な点も見られるため、高い評価を得るには至らなかった『KOF 2003』。しかし、美麗なグラフィックで描かれるスピーディな戦闘や「キモい」ことを狙ってデザインされた新主人公の造形、各チームのストーリーなど見どころは少なくない。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

ドッターはマゾなほど優秀ってホント? 現役ドッターたちが語るドット絵の過去と現在

SNK全盛期の開発現場を、当時のクリエイターが振り返る。40周年記念の笑いが絶えない座談会

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧