Googleがついに「ゲーム」へ本格参入か。3月20日に“同社のビジョン”を示すと予告

 GoogleはYouTubeにて、予告映像「Google – GDC 2019 Teaser」を公開した。現地時間の3月19日から開催されるゲーム開発者カンファレンス「GDC 2019」での発表を予告するもので、「未来のゲーミングにおけるGoogleのビジョンが明らかになる」と伝えられている。

 映像ではスポーツスタジアムやライブハウス、洞窟にレーシングのサーキットなどを思わせるキービジュアルが示されており、最後に「集まれ(Gather around.)」のメッセージが投げかけられている。Googleが示すというビジョンは、日本時間では3月20日の午前2時に明らかとなる予定だ。

(画像はYouTube | Google – GDC 2019 Teaserより)

 ゲームプレイ配信のプラットフォームとしても人気を持つYouTubeや、ゲームアプリもプレイ可能なOSであるAndroidを有するGoogle。さらに昨年10月からは、「Project Stream」と呼ばれるゲームストリーミング技術に取り組んでおり、そのお披露目が近いのではないかと目されてきた。これは『アサシン クリード オデッセイ』のような新作タイトルをGoogle Chrome上で動作させるというプロジェクトだ。

 ゲーム自体はサーバー上で動作させ、映像と音声およびコントローラーの入力信号をインターネット回線を通じてやり取りする。そのため、ユーザーはGoogle Chromeを立ち上げれば、データをダウンロードする必要なくゲームをプレイすることができる。当時はトリプルA級の大型ゲームが1080pの60fpsにて動作することが伝えられ、一部地域ではテストも実施された。

 同様のサービスとしてはSIEが展開している「PlayStation Now」があり、またMicrosoftも「Project xCloud」というスマートフォンやタブレット上でもXboxのゲームがプレイできるプロジェクトを発表している。インターネットブラウザで強大なシェアを持つGoogleは、そのユーザーベースを武器としてこのゲームストリーミング分野への参入を昨年末から模索してきた。

 なおGoogleは、アメリカの特許商標庁へと「ゲームコントローラーの通知デザインの特許」を出願しており、インターネット上ではGoogleがコントローラーとともにゲームストリーミングサービスを発表するのではないかとも先日より噂されている。はたしてGoogleが考えるゲームの未来とはなんなのか、3月20日の発表を待ちたい。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧