『キングダム ハーツIII』で「オラフ」の声優だったピエール瀧氏の交代が発表。映画『アナと雪の女王』に続き

 スクウェア・エニックスは、PS4・Xbox One向けタイトル『キングダム ハーツIII』において、ゲーム内に登場するキャラクター「オラフ」の日本語版吹き替え声優を交代すると明らかにした。

 『キングダム ハーツIII』は2019年1月25日に発売されたアクションRPG。スクウェア・エニックスとディズニーが協力して開発しているシリーズで、さまざまなディズニーキャラクターが登場することが大きな特徴だ。本作には『アナと雪の女王』の世界を舞台にしたワールドも存在し、その中には原作でもおなじみの「オラフ」という雪だるまのキャラクターが登場する。オラフの日本語版吹き替え声優は、2019年3月12日に麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧氏が担当していた。

(画像はWORLD | KINGDOM HEARTS III | SQUARE ENIXより)

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは、『アナと雪の女王』に登場するオラフの日本語版吹き替え声優をピエール瀧氏から交代するというニュースリリースを発表しているため、スクウェア・エニックスもそれに倣う形で声優の変更を行うものと思われる。また、これに関連したゲームのアップデートが実施されることも決定。アップデートの詳細は後日発表予定となっている。

 ピエール瀧氏が逮捕された波紋はゲーム業界にも広がっており、セガゲームスが『JUDGE EYES:死神の遺言』を販売自粛し、結果として価格が高騰するといったことが起きている。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

ピエール瀧氏の逮捕を受け販売自粛中の『JUDGE EYES:死神の遺言』価格が高騰。新品を14800円で販売するショップも

セガゲームス、『JUDGE EYES:死神の遺言』の販売自粛を発表。ピエール瀧氏の逮捕に関連して

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ