アーケード版『ポッ拳』オンラインサービスが3月25日午前2時に終了。約3年半の歴史に幕

 『ポッ拳』シリーズの公式Twitterアカウントにて、アーケード版『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』のオンラインサービスが2019年3月25日午前2時に終了することが発表されている。

(画像は『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』アーケードゲーム公式サイトより)

 『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』は、2015年7月よりリリースされたアーケード向け対戦アクションゲーム。『ポケットモンスター』シリーズに登場するピカチュウやルカリオなど、さまざまなポケモンたちが戦いを繰り広げていくのが特徴で、開発はバンダイナムコエンターテインメントが担当。『鉄拳』シリーズから一文字とっていることからわかるように、ポケモンを直接操作して1対1のバトルを行う。

 本作はポケモンが題材となっているものの本格的な対戦が楽しめるタイトルということで人気を博し、据え置き機版では「ポケモンワールドチャンピオンシップス」や「EVO 2018」といったイベントで世界大会が行われていた。しかしながらリリース開始から約3年半を経て、アーケード版はその役目を終えることになる。

 オンラインサービスが終了することにより、今後は「全国対戦」および「初回チュートリアルサービス」をプレイすることが不可能になる。また、戦績などを記録するバナパスポートカードも使用不可に。ゲーム連動サイト「ポッ拳連動WEB」も同日にサイト閉鎖となる。

 なおNintendo Switchでは、2017年9月に『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX』が発売されている。こちらでは今後もオンライン対戦が可能になっているため、さらに『ポッ拳』シリーズを楽しみたい人はスイッチ版を遊ぶのもいいだろう。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

次に起こる「運命(乱数)」を操り続ける『ポケモンHGSS』のRTAが神がかり。伝説のポケモンを望みどおりのタイミングとステータスで入手

『Pokemon GO』の新機能「GOスナップショット」がiOS、Androidともに実装。手もちのポケモンといつでもAR写真が撮影できる

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ