『マインクラフト』本家PC版の売り上げ本数が3000万本を突破。2009年のアルファ版発売からすでに10年、現在もセールス好調

 オリジナルのPC版『マインクラフト』の売上げ本数が3000万本を突破した。これは『マインクラフト』の公式サイトにある販売数を表示するトラッカーから明らかになったもの。記事執筆段階では、3000万8000本を超える数字が表示されている。

(画像は『マインクラフト』公式サイトより)

 『マインクラフト』は全てのプラットフォームの売上げ本数は1億5400万部とされており、これは歴代のビデオゲームの中では『テトリス』の次に売れている。オリジナル版『マインクラフト』はJAVAで開発されており、WindowsのみならずLinuxやmacOSといったUNIX系のOSにも対応しているのが特徴。またMODを自由に作成、導入することができるのが最大の魅力だ。現在ではこれは「JAVA版」と呼ばれおり、この本家『マインクラフト』が3000万本を突破した。

 JAVA版『マインクラフト』は、2009年5月にインディーゲームのWebサイト「TIGSource」のフォーラムで一般公開された。このときは開発バージョンであり、サバイバルモードテスト、クリエイティブモードを備えていた。このバージョンはクラシック版とも呼ばれ、なぜかプレイヤーが移動すると腕を振り回す仕草があったが、プレイヤーの視界を妨げるため、のちに削除されている。

(画像はYouTube「Official Minecraft Trailer」より)

 そののち、2009年6月にアルファ版がリリース。これは初めての有料版だ。このアルファ版の売上げがよかったことから、『マインクラフト』を制作したノッチの愛称で知られる、Markus Persson氏は、プログラマーとして働いていた会社を退社して、『マインクラフト』の開発に専念。ゲームスタジオMojang ABを設立することになる。

 2011年、さらに『マインクラフト』は躍進する。ベータ版のリリースを経て、2011年初頭には売上げが100万本を突破。なお『マインクラフト』はパブリッシャーを持っておらず、これまで特にプロモーションなどで露出はしていなかった。この100万本という数字は、口コミによる拡散の結果である。さらに「Pocket Edition」がXperia Playから発売。その後、Android、iOSでも展開した。晴れてオリジナル版であるJAVA版の正式リリースもこの年の11月18日に発売している。上記のスクリーンショットは、そのときの初の正式版オフィシャルトレイラーのものである。

※最初の『Minecraft Pocket Edition』はXperia Playからリリースされた。

 2012年にはXbox 360で初のコンソール版が発売されるなど、『マインクラフト』はさらなる普及を見せるが、その裏では本家JAVA版も売れ続けている。2014年10月には1700万本を突破。この数字は、その当時で史上もっとも売れたPCゲーム『シムピープル』『スタークラフト』の1100万本を超えた売上本数である。なお、現在では『ディアブロIII』の2000万、『テラリア』の1100万本など、歴代PCゲームの売上げランキングは更新されている。

 今回、JAVA版の数字が3000万本を突破したが、これは史上もっとも売れたPCゲームではない。その上には『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』が5000万本を販売したと推定されており、PCゲームの販売本数だけ見ると、『マインクラフト』は歴代2位だ。ただし様々なプラットフォーム全体で見ると、『マインクラフト』は1億5400万部を売り上げており、販売本数だけみると『PUBG』を凌ぐ。

 全ての販売本数とJAVA版の比率からわかる通り、『マインクラフト』はJAVA版より、Xbox、スマートフォン、Windows 10で展開しているBE版のほうがプレイ人口は多い。だが、JAVA版はなんといってもMODを自由に作成して配布できる拡張性が高い魅力がある。そのためJAVA版はコアなユーザーに根強い人気があり、現在でもプレイヤーは後を絶たない。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧