Microsoftが「Xbox One S」の新モデルを正式発表、デジタルオンリーで“ディスク無し”。価格は250ドルで5月から発売へ

 Microsoftは4月17日に配信した番組「Inside Xbox」にて、「Xbox One S All Digital Edition」を正式発表した。Xbox One Sからディスクドライブを無くした廉価版となる製品で、価格は通常のXbox One Sよりも50米ドル安い249.99米ドル(約2万7000円)となっている。HDDは1TB。5月7日からMicrosoft StoreやAmazonにて販売されるという。

【UPDATE 2019/4/17 13:00】 国内のAmazonでも予約販売が開始されている。なお日本国内ではXbox Game Passサービスは展開されていないことに注意したい。

 またAll Digital Editionには『Minecraft』、『Forza Horizo​​n 3』、『Sea of​​ Thieves』の3本の人気ゲームが同梱されているほか、定額ゲーム遊び放題サービス「Xbox Game Pass」の特別オファーも付属される。

(画像はXbox One S All Digital Editionより)

 Xbox Oneのディスクレス版は先日から関係者筋などのリークで噂されていたもので、今回正式にお披露目に至った。MicrosoftはNeflixやAmazon プライムビデオのような定額ゲーム遊び放題サービスXbox Game Passを北米と欧州を中心に2017年から推進しており、今回の「Xbox One S All Digital Edition」でより安価に同サービスを始められる選択肢を提示する狙いがあると見られる。

 また今回のInside Xboxでは、そのXbox Game Passのプレミア版と呼べる「Xbox Game Pass Ultimate」正式発表。こちらはXbox Game Passと、多くのマルチプレイゲームをプレイするために必要であり月に2本の無料ゲームが提供される「Xbox Live Gold」に、月額14.99ドルで加入することができる。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧