VRホラーノベル『夕鬼 零』がNintendo Switchで発売決定。VRゴーグルToy-Conを使ったサードパーティ製VRゲームとなるか

 トライコアは『夕鬼 零』Nintendo Switch版を今夏に発売することを発表した。本作はSteamVRで4月30日に発売予定のタイトルで、Nintendo Switch版のVRモードは「検討中」とのこと。なお、SteamVR版の価格は税込み1220円となる。

 本作は『夕鬼』(仮称)のプロローグ的な位置づけの作品。プレイヤーは閉じ込められた教室で、机に置かれたスケッチブックをめくり、そこに描かれる二人の少年たちの怪談にまつわる奇妙な物語を読み進めるノベルゲームだ。

 物語で描かれる事象は時にスケッチブックを飛び越えてプレイヤーに襲い掛かってくる。そしてその恐怖の果てには、そもそもプレイヤーはいったい何者なのか?という理由が明らかになるという。

(画像は追体験型VRノベルゲーム『夕鬼 零 Yuoni:ゼロ』トレイラームービーより)
(画像は追体験型VRノベルゲーム『夕鬼 零 Yuoni:ゼロ』トレイラームービーより)

 トレイラーを見てもらえればわかる通り、本作は雰囲気が抜群だ。夕方の教室を舞台に、映画『学校の怪談』(1995年)が流行っていた平成中頃のノスタルジックな雰囲気が3D空間として再現されている。

 机に実際に置かれたスケッチブックを通してノベルを読んでいき、その外側の世界に変化が訪れるというのは、VRを活かした新しいノベルゲームの誕生の予感を感じさせてくれる。

(画像は追体験型VRノベルゲーム『夕鬼 零 Yuoni:ゼロ』トレイラームービーより)

 Oculus RiftかHtc Vive必須のSteamVR版の発売は4月30日と目前に迫っているが、注目すべきはNintendo Switch版の発売が夏に予定されていること。任天堂は4月12日に『Nintendo Labo Toy-Con 04:VR Kit』をリリースし、ついにVRの進出を果たしたが、サードパーティ製のVRゲームはまだ登場していない。

 Nintendo Switch版『夕鬼 零』のVRへの対応は前述の通り「検討中」とのことだが、Nintendo Switch初のサードパーティ製VRゲームになり得るか要注目だろう。

(画像は追体験型VRノベルゲーム『夕鬼 零 Yuoni:ゼロ』トレイラームービーより)

 とはいえ、VRであることから着想した3D空間でノベルを読むということ自体が新鮮なノベルゲームとしても刮目に値する本作。怪談、都市伝説をモチーフにしており、懐かしくも恐ろしいゲームが待っていそうだ。Oculus Rift、Htc Viveを持っているユーザーは、Nintendo Switch版から先駆けて本作を体験してみよう。

ライター/福山幸司

関連記事:

スイッチで手軽にVR体験を楽しめる『Nintendo Labo: VR Kit』が4月12日発売。VRゴーグルと5種類の専用コントローラーを段ボールで作ろう

『ゼルダの伝説 BotW』と『スーパーマリオオデッセイ』がVRに対応。4月26日から『Nintendo Labo: VR Kit』のVRゴーグルで遊べる

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧