『スプラトゥーン2』バランス調整が行われるVer.4.7.0が4月24日10時に配信。メイン性能アップでスプラシューターの地上射撃ブレが減少、シューター復権なるか

 任天堂は、Nintendo Switch向けタイトル『スプラトゥーン2』更新データVer.4.7.0を2019年4月24日10時より配信すると発表した。

(画像はSplatoon(スプラトゥーン)(@SplatoonJP)さん | Twitterより)

 更新データVer.4.7.0では、ゲームのバランス調整が実施される。ギアパワー「メイン性能アップ」はより強化され、スプラシューター系、.52ガロン系、N-ZAP系で地上での射撃中のブレを軽減する効果が追加される(これまでの効果も変わりない)。ノヴァブラスター系も従来の効果に加え、空中で爆発した際の床への塗りが大きくなる効果が増えている。

 大きく変更されるのはスペシャルウェポン「スーパーチャクチ」だ。イカスフィアに与えるダメージが約2.4倍になり、さらにナイスダマ使用中の相手のアーマーに与えるダメージも約7.5倍に増加している。バブルランチャーに対抗するスペシャルウェポンとして運用されていたが、今後はナイスダマに対しても強気に出られるようだ。

(画像はSplatoon(スプラトゥーン)(@SplatoonJP)さん | Twitterより)

 ギアパワー「ラストスパート」も上方修正されている。ガチマッチでは相手チームの残りカウントが50以下になった場合、カウントが小さくなるにつれて効果が徐々に発揮されるという要素が追加された(カウントが30になったときに効果が最大になる)。これまでは残りカウントが30にならないと効果がなかったため、だいぶ扱いやすくなっただろう。

 スペシャル必要ポイントは、ナイスダマ持ちのプロモデラーPGやバレルスピナーリミックスが10増加、スプラスピナーが190から210になり下方修正を受けている。一方、スプラマニューバーコラボは220から210になっており、再び人気が出るようになるかもしれない。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

『スプラトゥーン』のイカしたTシャツがユニクロから発売。4月22日にUTコレクションとして全12種類が登場

『スプラトゥーン2』Ver.4.6.0では「バレルスピナー」と「リベンジ」が大幅強化。ブキチセレクションも追加されて環境は新たなものに

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ