『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が「VR」に対応へ。普段はあまり見えないステージの外側まで見渡せることが可能に

 任天堂は『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の本日5月31日配信のVer.3.1無料アップデートで、VRモードが追加した。『Nintendo Labo: VR Kit』付属のVRゴーグルを使って、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』をVR視点で楽しむことができる。

 VRモードは、「いろんなあそび」の中から、右上にVRの項目が追加されている。50ステージほど対応しており、CP同士の乱闘をVRで観戦できたり、自分でキャラクターを操作しながらVRを見ることも可能だ。

 注目すべきは、中央ステージの外側の風景まで見ることができること。世界観の広がりをさらに感じることができし、細かいところまで作りこまれているのがわかるだろう。

(画像はYouTube | 【Nintendo Labo】VRゴーグルであそべる 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』より)
(画像はYouTube | 【Nintendo Labo】VRゴーグルであそべる 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』より)
(画像はYouTube | 【Nintendo Labo】VRゴーグルであそべる 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』より)
(画像はYouTube | 【Nintendo Labo】VRゴーグルであそべる 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』より)

 Ver.3.1無料アップデートでは、さらに新モード「amiibo旅に出す」を追加。自慢のamiiboができたら、旅に出して腕試しをすることができる。amiiboを旅に出している間は、ゲームをプレイしていなくても、amiiboが他のamiiboと乱闘して帰ってくる。乱闘の様子はリプレイで見ることができるほか、時にはレアアイテムを持ち帰ることも。amiibo旅に出すには、「いろんなあそび」→「amiibo」→「旅に出す」から楽しむことができる。VRモードと共にこちらもチェックしておこう。

 任天堂は『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』発売以来、新規タイトルだけではなく、既存タイトルもVRに対応する施策を打ち出している。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ではゲーム全編をVRで遊ぶことが可能になった他、『スーパーマリオ オデッセイ』ではステージに隠された音符やコインを探す専用のあそびを追加している。新感覚のVRモードの追加によって『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が、さらに楽しめることは間違いない。

ライター/福山幸司

関連記事:

『Nintendo Labo』でムダなものを作る。冷蔵庫のプリンを監視したり、Joy−Conでセガサターンを起動してみたり

『Nintendo Labo: VR Kit』発表と同時にTwitterでまさかの「バーチャルボーイ」がトレンド入り。これまで立体映像に挑戦してきた任天堂の歴史

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧