サイバーパンクRPG『Cyberpunk 2077』の発売が2020年4月に決定。キアヌ・リーブスの出演も決定、公式サイトでは予約販売も

 CD Projekt REDは本日実施された「Xbox E3 2019 メディアブリーフィング」にて、『Cyberpunk 2077』を4月16日にリリースすると発表した。対象プラットフォームはPC/PS4/Xbox One。なお国内ではXbox One版はデジタル販売のみとされている。

 すでに公式サイトでは予約販売も開始されており、現時点で日本国内からはPC版をSteamかGOG.comにて購入することができる。価格は69.99ドル/8618円。Epic Games Storeでの販売や、PS4版とXbox One版の予約販売も順次開始されていくようだ。

(画像はYouTube | サイバーパンク2077 — E3 2019 公式シネマティックトレーラーより)

 『Cyberpunk 2077』にはサウンドトラックとデジタルブックレット、ソースブックとデスクトップおよびモバイル向け壁紙が付属する。さらにGOG.comでは4つの特典があり、購入した場合には追加となる限定デジタルブックレットと壁紙、プリント品質のポスター複数に、GOG.comにおける期間限定の30%オフサービスが付属する。

 また日本国内ではPS4版のみとなるが、「コレクターズ・エディション」も発表され、フィギュアなど各種豪華特典が付属する。同梱物は以下のとおり。

・コレクターズエディションボックス
・ゲームソフト(ディスク版)
・リバーシブルカバー
・限定スチールブック
・主人公 “V(ヴィー)” 25CMスタチュー
・ハードカバーアートブック
・メタルピンセット
・QUADRA VTECH メタルキーホルダー
・『ナイトシティ観光ガイド』(注釈付き・ナイトシティ市警の証拠品収納袋に封入)
・ワッペンセット
・ゲームの世界観を解説する『ワールド・コンペンディウム』
・ナイトシティポストカード
・ナイトシティマップ
・ステッカーボムセット
・同梱デジタルグッズ:
・ゲームサウンドトラック
・ゲームに登場するアートを掲載したブックレット
・『CYBERPUNK 2020』ソースブック
・デスクトップ&モバイル向け壁紙

 なおE3 2019の発表会では最新トレイラーも公開され、ゲーム内にキアヌ・リーブスが登場することが発表。ステージ上にも本人が現れ、大きな歓声が沸き起こった。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧