『サルゲッチュ』20周年を記念した公式Twitterアカウントが開設。ピポサルたちにも新たな展開か

 2019年6月23日より、『サルゲッチュ』20周年を記念する公式Twitterアカウント(@piposaru20th)が公開されている。

 『サルゲッチュ』は、1999年6月24日にPlayStationで発売されたアクションゲーム。「ピポヘル」という頭のよくなるヘルメットをかぶったサルたちが逃げ出してしまったため、網やアクションを駆使して捕まえるということが目的となっている。

(画像はピポサル.com | プレイステーションより)

 シリーズはその後も続き、スピンオフを含めると14作品ほど展開。しかし、シリーズ最後の作品は2010年12月にPS3で発売された『フリフリ! サルゲッチュ』となっている。つまりシリーズ最新作から9年ぶり、ナンバリング最新作からは14年ぶりに新たな動きがあるかもしれないというわけだ。

(画像は【公式】サルゲッチュ20周年(@piposaru20th)さん | Twitterより)

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは人気過去作のリバイバルを精力的に行っており、『どこでもいっしょ』20周年を記念して、スマホ向けパズルゲーム『トロとパズル~どこでもいっしょ~』を2019年内に配信予定。『サルゲッチュ』もまたなんらかの展開がありうるのかもしれない。

ライター/渡邉卓也

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧