いまでもプレイできる「最古のオンラインマルチプレイゲーム」は何なのか? 『Diablo』『Ultima Online』など海外フォーラムで議論が進む

 インターネットを介して今でもプレイできる最古のマルチプレイゲームはなんだろうか? そんな疑問を持った海外フォーラムReddiのあるユーザーが、「What is the oldest game that still supports online multiplayer?」というスレッドを立てた。スレッドにはさまざまな回答が寄せられている。

 Redditではコメントに対する評価を投票する機能があり、今回のスレッドにおいてもっとも高いポイントを得たのはSlightSudoSentry氏の「『MUDs』は1976年にリリースされてから今でもずっとアクティブなユーザーを抱えている」という書き込み【※】

※Redditのコメントでは1976年のリリースとあるが、『MUD1』や『MUD2』の製作に携わったリチャード・バートル氏の回顧録では、『MUD1』が開発されたのは1978年の秋だとされている。

『MUD』

 『MUD』は「Multi-User Dungeon」の略で、多人数のプレイヤーが参加できるテキストベースのアドベンチャーゲームだ。上記のスクリーンショットのように、ゲーム中に画像は登場せずテキストのみで状況を説明している。プレイヤーは画面の説明に沿って、「go north」のように簡単な命令でキャラクターを操作する。

 オリジナルの『MUD』を開発したのは当時英国エセックス大学の学生だったロイ・トラブショー氏。初期のバージョンは簡単な命令セットと部屋があり、チャットができる原始的なものだったが、リチャード・バートル氏らの助言を受けてゲーム部分が拡張されていった。1980年ごろまでに現在『MUD1』として知られる『MUD』のバージョン3が完成。トラブショー氏が大学を卒業した後はバートル氏が受け継ぎ、さらに開発を続けた。

 『MUD』は後に米国のパソコン通信会社CompuServeにライセンスされ、1999年に行われたY2Kクリーンナップ作業でサービスは終了となっている。よって、完全なオリジナルバージョンが今もプレイできるというわけではない。しかし、トラブショー氏とバートル氏の許諾を受けたヴィクトル・トス氏によって、1985年版の『MUD』コードを用いた移植版が現在もサービスを続けている。四半世紀前のマルチプレイゲームが今も遊べるというのは、ファンの努力の賜物と言えるだろう。
 
 なおRedditの書き込みでは『MUDs』と表現されているが、これは『MUD』が多数の派生ゲームを生んだからだ。2000年ごろまで派生ゲームは多数リリースされ続け、後発の『God Wars II』のようにグラフィカルなユーザーインターフェースを持つ派生作品も存在する。

(画像は『God Wars II』公式サイトより)

 今も実際にプレイできる『MUD』やその派生作品は、その多くが有志によって無料やカンパで運営されている。現在もプレイできる最古のマルチプレイ対応ゲームを探すなら、極論してしまえば誰かがサーバーを建て、そこに他の誰かが接続できる機能があるもっとも古いものを探せば良いだろう。

 では、企業がサーバーを運営している作品に的を絞れば、どのようなものが挙げられているだろうか。『MUD』の名が挙がったあとも、スレッドではそういったゲームがいくつか紹介されている。

(画像はGOG『Diablo』より)

 そのひとつとして名が挙げられている『Diablo』は、1996年12月31日にBlizzard EntertainmentがリリースしたアクションRPGだ。PCで『Overwatch』や『Hearthstone』をプレイするために必要なクライアント「Battle.net」を介することで、現在でも最大4人までのマルチプレイに対応している。

 PCゲームダウンロード販売サイトGOG.comでは『Dibalo』とその拡張版が今も販売されており、こちらもBattle.netでのマルチプレイにも対応している。すでに20年以上継続してサービスが続く長寿作品だ。

(画像は『Ultima Online』公式サイトより)

 MMORPGを大きく世に広めた『Ultima Online』も、スレッド内で何度か名が挙げられている。1997年から今日まで20年以上サービスが続いているMMORPGだ。

 月額課金制を採用していたが、2018年にF2Pモデルとなる「Endless Journey」の配信がスタート。90年代からサービスが続く商用MMORPGの中では知名度が頭ひとつ以上も抜けているが、実はほかにさらにサービス期間が長い作品はあり、世界最長というわけではない。

(画像は『The Realm Online』公式Facebookより)

 そのMMORPGという点では、1996年にサービスが始まった『The Realm Online』の名を挙げているユーザーもいる。

 正式にいつサービスが始まったのか、詳しい時期はインターネット上に正確な情報として残されていなかったが、1996年5月に「今夏サービス開始予定」というニュースが報じられたことがアーカイブとして残されている。『The Realm Online』は、何度かデベロッパーとパブリッシャーを変更しながら現在もサービスが続いている。

(画像は『Nexus:The Kingdom of the Winds』公式サイトより)

 それらのゲームよりさらに早くサービスを開始したゲームが韓国にある。韓国で1995年11月にパブリックベータが始まり、1996年4月に正式にサービスがスタートしたNexonの『Nexus:The Kingdom of the Winds』だ。2011年に「世界でもっと長くサービスが続く商用グラフィカルMMORPG」としてギネス記録に認定された。まだまだ精力的にサービスが続いており、2019年には本作をベースにしたモバイルゲームも発表されている。

 今回Redditのユーザーが投げかけた「現在もプレイできるもっとも最古のマルチプレイゲームはなにか」という質問の答えは、現時点では『MUD』ということになりそうだ。最古のマルチプレイゲームがどのようなものか確かめたい方は、移植版を試してみてほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧