SIE ワールドワイド・スタジオのボス「ショーン・レーデン氏」が退任へ。コンテンツ生産に注力、E3カンファレンスの司会役も担当

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)は、ワールドワイド・スタジオのチェアマンであったショーン・レーデン氏が9月末付で退任したことを明らかにした。退任した経緯や後任の人事などは明らかにされていない。

(画像はYouTube 「E3 2016 PlayStation® Press Conference」より)

 レーデン氏は1987年にソニーに入社。2007年10月から2010年3月まで日本のSCEJ(ソニー・コンピュータエンタテインメント・ジャパン)のプレジデントを務める。2014年には前任のジャック・トレットン氏から引き継ぐ形で、旧SCEAのプレジデントとCEOを兼任した。

 以降のE3におけるプレスカンファレンスや各イベントでは、顔役として冒頭で登場することも多かったため、日本在住でも彼の顔を見たことがあるという読者は多いだろう。2018年3月には、SIEAのプレゼントの座を退き、ワールドワイドスタジオのチェアマン専任に。当時の発表でレーデン氏は、「SIEの成長を牽引するプレイステーションならではのゲームタイトルを生みだし続けてまいります」とされていた。

 ワールドワイド・スタジオには、『The Last of Us Part II』のNaughty Dogや、『Horizon Zero Dawn』のGuerrilla Games、『Ghost of Tsushima』のSucker Punch Productions、『グランツーリスモ』シリーズのポリフォニーデジタルなどが所属。ソニーのプレイステーションを代表するシリーズを要するスタジオ群となっている。直近では今年8月に『Marvel’s Spider-Man』を開発したInsomniac Gamesを買収した。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧