定額遊び放題サービス「PS Now」がほぼ半額に価格改定、月額1180円の年額6980円に。18歳以上を対象にしたサービスに変更され『God of War』や『GTAV』が追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは定額制のゲーム遊び放題サービス『PlayStation Now』の価格改定を発表した。1ヶ月の利用権は従来の2500円から1180円、3ヶ月は5900円から2980円。また、海外ではすでに存在していたが、日本でも新たに12ヶ月で6980円のプランが登場した。

 10月には新規タイトルとして『God of War』、『 グランド・セフト・オートV』、『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』そして『inFAMOUS Second Son』が追加される。これらは2020年1月1日までの期間限定で提供される。なお、『グランド・セフト・オートV』はストリーミング版、ダウンロード版のどちらでも利用できるが、『GTAオンライン』やロックスター・ゲームスSocial Club等のオンライン要素を利用する場合はダウンロード版を遊ぶ必要がある。

 こういった期間限定タイトルのほか、従来通り恒常的に遊べるタイトルの追加も行われる。今後は通常のタイトルだけでなく期間限定タイトルもサービスに追加される。

 『PlayStation Now』はPS4とPC(Windows)上でストリーミング、またはダウンロードしてゲームを月額制で遊べるサービスだ。Netflixのゲーム版だと考えるとわかりやすいだろう。

 これまでは18歳以下もサービスに加入できたため、CERO Z区分のゲームが配信できないサービスだったが、10月より18歳以上のみ加入できるように規約を変更。10月からはクレジットカード決済か、販売店で年齢確認を行ってから加入する必要がある。

 9月30日の時点で旧サービスの利用権を持っている方も一旦返金される。今後も利用する場合は上記の方法で利用再開しなければならない。

 価格改定の背後には、9月にサービスインした『Apple Arcade』の存在があると予想される。月額600円で様々なタイトルがApple製品で遊べる同サービスは『PlayStation Now』のライバルと言って良い存在だ。このほかにもEAのゲームが遊び放題となるOrigin Accessや、ゲームだけでなくアプリもダウンロードし放題となるGoogleのPlay Passなど、このジャンルで競合するサービスは増えてきている。

 2014年にスタートしてほぼ5年間続いた老舗のクラウドゲーミングサービスは、日本での消費税増税に合わせて大幅な値下げを行った。旧来の月額2500円は試してみるのに躊躇する価格ではあったが、1ヶ月では大手ビデオストリーミングサービスとほぼ同等、1年の加入権でもほぼフルプライスゲーム1本分の価格となれば試してみようと思える価格ではないだろうか。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧