GB、GBC、GBAに対応した互換携帯機Anlogue Pocket発表。通信ケーブルで懐かしの有線マルチプレイも可能

 レトロゲーム互換機を開発・販売するAnalogueは、ポータブルゲーム機の互換機「Analogue Pocket」発表した。本体はゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスのカセットに対応する。2020年に199.99ドル(約2万1300円)で発売予定。

 別売りのアダプターを装着することでゲームギア、ネオジオポケットカラー、Atari Lynxのカートリッジにも対応。テレビ出力用のドックもあわせて発売される。カートリッジアダプターなど、周辺機器の価格は未発表だ。

(画像はAnalogue公式Twitterアカウントより)

 Analogue Pocketのディスプレイは3.5インチのLTPSLCDで解像度は1600×1440。ゲームボーイの解像度が160×144なので、10倍の解像度となる。ゲームボーイ用の通信ケーブル端子も付属し、昔懐かしい有線でのマルチプレイゲームを楽しむこともできる。

 ステレオスピーカーやイヤフォン端子、マイクロSDカードスロットなど、ポータブルゲーム機に欲しいものは一通りそろっている。なお、SDカードからROMデータを再生することはできない。

 テレビ出力用のドックには有線コントローラー用のUSB端子がふたつ付属する。8BitDo社の Bluetoothコントローラーによる無線接続にも対応。ゲームボーイにふたつコントローラーが必要とは考えにくいが、USB端子には何か別に使い道があるのかもしれない。

(画像はAnalogue公式Twitterアカウントより)

 Analogue Pocketはゲーム機としての機能だけでなく、Nanoloopと呼ばれるデジタルオーディオワークステーションが組み込まれている。シンセサイザーとシーケンサーによって作曲とライブパフォーマンスの両方が行える。
 Nanoloopのカートリッジの価格が69ユーロ(約8300円)であることを鑑みると、Analogue Pocketはかなりお得に見えてくるかもしれない。

(画像はAnalogue公式Twitterアカウントより)

 本体のみで2780以上のタイトルに対応するAnalogue Pocket。海外メディアPolygonによると、ドックの価格は「高価なアクセサリーにはならず、人々が満足する価格になる」とAnalogueの創始者であるクリストファー・テーバー氏は答えている。また、ネオジオポケットカラーなどに対応する別売りのアダプターは、以前発売した互換機Mega SGのカートリッジアダプターを例に挙げ、10ドルから15ドルあたりの価格帯を目指していると語っている。

 通信ケーブルやNintendo Switchのようなドックへの対応など、ゲームファンの心をくすぐるAnalogue Pocket。台数限定販売となるようで、公式サイトでは情報がいち早く欲しい方に向けたメーリングリストへの登録も行っている。発売を見逃したくない方はそちらに登録して、新たな情報を待って欲しい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧