Netflixドラマ『ウィッチャー』が12月20日に公開決定。新たに公開された予告編ではゲラルトの華麗な剣さばきや入浴シーン、さらには人々から迫害され石を投げられる様子も

 Netflixはヘンリー・カヴィルがリヴィアのゲラルトを演じるドラマ『ウィッチャー』の配信日を12月20日と発表した。合わせて日本語字幕入りのトレイラーを公開した。シーズン1は全8エピソードでストーリーが綴られる予定だ。

 ウィッチャーとは、特殊な薬剤を使って超人的な身体能力と長い寿命を持つモンスターハンターのこと。人々からモンスター退治や人探しを依頼されて頼られているが、同時に恐れられており、時には迫害されることもある。今回、公開されたトレイラーでも「ミュータント」と呼ばれたり、人々から石を投げられたりシーンが登場しており、迫害されている様子がわかるだろう。

 主人公のゲラルトはそんなウィッチャーの一人で、「リヴィアのゲラルト」、「白狼」、「ブラビケンの殺し屋」などの異名を持つ。演じるのは『マン・オブ・スティール』などでスーパーマンを演じたヘンリー・カヴィル。もともと『The Elder Scrolls V: Skyrim』や『World of Warcraft』をやり込むほどのゲーマーで、『ウィッチャー3 ワイルド・ハント』も2度クリアしているという。今回のゲラルトを演じることをかねてより公言し、熱望したため起用に繋がった。

 本作はCD Projekt REDによるゲーム『ウィッチャー』の映像化ではなく、あくまでアンドレイ・サプコフスキの原作小説に基づいているが、ゲームが大ヒットしたことや、ヘンリー・カヴィルがゲームファンという経緯もあり、ゲーム版を彷彿とさせる映像が登場するようだ。

(画像はYouTube「『ウィッチャー』予告編 – Netflix」)
(画像はYouTube「『ウィッチャー』予告編 – Netflix」)
(画像はYouTube「『ウィッチャー』予告編 – Netflix」)
(画像はYouTube「『ウィッチャー』予告編 – Netflix」)
(画像はYouTube「『ウィッチャー』予告編 – Netflix」)
(画像はYouTube「『ウィッチャー』予告編 – Netflix」)

 今回のトレイラーでは、ゲーム版さながらのゲラルトの入浴シーンや、剣さばきが確認できるが、アクションだけではなく、ダンディリオン、シリ、イェネファーといったおなじみのキャラクターも登場するので、ロマンスや友情といった人間ドラマも見応えがありそうだ。

 はたして、ニルフガード帝国が各国に攻め入り、混沌とした世界にゲラルトがどのように活躍するのが注目だろう。CD Projekt REDのゲーム版はひとまず完結を迎えているが、本ドラマによってさらなるウィッチャーファンが拡大するのは間違いないだろう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧