稲船敬二氏による独立後の代表作『Mighty No. 9』PS3・PS4版が11月15日配信終了。PS Storeにて明らかに

 PlayStation Storeに掲載されたメッセージより、PS3・PS4版『Mighty No. 9』の配信が2019年11月15日で終了することが明らかとなった。

(画像はMighty No. 9 | 公式PlayStation™Store 日本より)

 『Mighty No. 9』は、2016年に展開された横スクロールアクションゲーム。ゲームクリエイターである稲船敬二氏が立ち上げたcomcept、そしてインティ・クリエイツが開発したタイトルで、『ロックマン』シリーズを強く意識した作品となっている。

 本作は稲船氏がカプコンを退社したあとの2013年に立ち上げられたプロジェクトで、Kickstarterでクラウドファンディングする形で資金が集められた。開発は難航を極め複数の延期を繰り返し、2016年6月21日に配信が行われた。しかし、発売が予定されていた一部のハードでは配信が見送られることになる。

(画像はSteam:Mighty No. 9より)

 発売後の評価はあまり芳しくなく、現在のMetacriticによるメタスコアは50点前後。残念ながら評価の高い一作ということにはならず、ユーザーの期待にうまく応えることができなかったといえるかもしれない。

 今回はPS3・PS4版の配信停止日が決定したが、Wii U版は2018年6月20日の段階ですでに配信が停止している。配信停止に関するアナウンスは行われておらず、『Mighty No. 9』公式Twitterアカウントは2016年9月の段階でツイートが停止中、comcept公式サイトも同時期から更新が止まっている状態だ。家庭用ゲーム機版のパブリッシャーであるスパイク・チュンソフトも情報は発信しておらず確認できなかった。

(画像はSteam:Mighty No. 9より)

 稲船敬二氏は、2017年6月にレベルファイブの100%子会社となるLEVEL5 comceptという会社も設立しており、2019年6月には『ドラゴン&コロニーズ』というスマートフォン向けタイトルを展開。現在もゲーム業界で活動を続けているようだが、『Mighty No. 9』に関する展開は一旦の終わりを迎えそうである。

ライター/渡邉卓也

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧