“創造“は常に”破壊“から始まる、日本語版『Layers of Fear 2 恐怖のクルーズ』がPS4でリリース。豪華客船に乗り込んだ俳優として自身が果たして何者かを探る心理的ホラー

 2019年5月に発売されたBloober Teamが開発するホラーゲームの日本語版『Layers of Fear 2 恐怖のクルーズ』(以下、Layers of Fear 2)が本日11月21日にNAパブリッシングよりリリースされた。対応プラットフォームはPlaystation 4で価格は3800円。日本語吹き替えの有無は明かされていない。
 12月12日にはSteamでもリリースされる。英語版にもアップデートでの配布となるのか、別のソフトとして販売されるかなど販売形態は未発表だ。

 『Layers of Fear 2』は一人称視点の心理的ホラーゲームだ。プレイヤーはトラウマを抱えたある俳優として、悪名高い映画監督の撮影する映画に出演するために豪華客船に招かれる。しかし、映画の撮影のはずが船内には誰もいない。船内を探索しながらなぜ自分が出演するのか、そして自身の過去を探る。
 「あなたは俳優になった。だから、あなたは自分自身である必要はない」。人生の多くを他人として過ごす俳優にとって、自分とは一体何なのかを見つめ直すことになる。

(画像は『Layers of Fear 2 恐怖のクルーズ』公式サイトより)
(画像は『Layers of Fear 2 恐怖のクルーズ』公式サイトより)

 『Layers of Fear2』は、ある画家の狂気の精神世界を描いた前作『Layers of Fear』と合わせて累計売り上げ400万本を超える大ヒットを記録している。Bloober Teamはこのほかサイバーパンクホラーゲーム『>observer_』や同名映画のスピンオフ『BLAIR WITCH』など、一人称視点のホラーゲームを多数リリース。また、『BLAIR WITCH』は12月3日にPlaystation 4での海外向けリリースが決定したことをTwitterで報告している。

(画像は『Layers of Fear 2 恐怖のクルーズ』公式サイトより)
(画像は『Layers of Fear 2 恐怖のクルーズ』公式サイトより)

 ストーリー重視のゲームのため、日本語版リリースは日本のホラーゲームファンにとって僥倖だろう。あなたもこの豪華客船で、誰かを演じる狂気に挑んでみるのはいかがだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧