SNK、17歳未満も入場可能な「全年齢対象!『-不知火舞-展』」を12月26日より秋葉原のイベントスペースで開催

 SNKは12月18日(水)、東京都千代田区のイベントスペース「THE AKIHABARA CONTAiNER」にて、期間限定のポップアップショップ「全年齢対象!『-不知火舞-展』」の開催を決定したことを発表した。期間は12月26日(木)から2020年1月6日(月)の12時から20時まで。

 今回の企画は、SNKのアーケード向け対戦格闘ゲーム『餓狼伝説2 -新たなる闘い-』(1992年)に初登場したキャラクター「不知火舞」の誕生日が1月1日であることにちなんで行われるものだ。

 ショップではイベントビジュアルを再現した「イベント限定ロムティ!」が限定販売されるほか、さまざまな作品での姿が大集合する「不知火舞千差万別扇子」、『THE KING OF FIGHTER』シリーズの公式イラストレーターFalcoon氏による「描き下ろし不知火舞B2ポスター」などのファングッズが先行販売される。

 また、SNKオンラインショップで受注限定販売していた「Special Birthday Panel Series “Mai Shiranui” 2020ver.」が本イベントで特別に再販される予定となっており、不知火舞ファンにとってはたまらないグッズが集まっている。

 1会計で税込6000円以上の購入で『不知火米(1合)』 がプレゼントされるほか、元日に1会計で税込10,000円以上の購入で数量限定の『不知火舞イベント限定トートバッグ』がもらえる購入特典も要チェックだ。

 イベント名に「全年齢対象!」とついているのは、2019年11月に『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』『餓狼伝説』シリーズからテリー・ボガードが参戦し、配信日に公開された放送「【スマブラSP】テリーのつかいかた」がきっかけだと思われる。

 トレーラームービーやゲーム内に不知火舞が登場しなかったことについて、本作でディレクターを務めた桜井政博氏は「残念ながら良い子のCERO:Aなので出すことができませんでした。お許しください」と発言。

 6月に不知火舞がプレイアブル参戦したCERO:D対象【※】のゲーム『DEAD OR ALIVE 6』(2019年)を手がけるTEAM NINJAや、『アケアカNEOGEO』シリーズを配信するハムスターなど、不知火舞の出演する作品を取り扱うゲーム会社をはじめ、国内外で大きく話題になった。

※CERO:D対象
コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)によるレーティングで「D 17才以上対象」に指定されているタイトルを指す

 当時のSNKは本件に関して無反応であったが、今回のイベント開催で実は非常にノリノリであった様子がうかがえる。ぜひ、17歳未満のよい子も保護者と一緒に訪れてみてはどうだろうか。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧