『鉄拳』『モンハン』など、PlayStationを代表するキャラによる旧作・新作のポリゴン数を比較したデータが公開。各作品のデベロッパーがディテールへのこだわりを語る

 PlayStation.Blogは12月23日(月)に記事を更新し、『鉄拳』シリーズ、『ゴッド・オブ・ウォー』『モンスターハンター』シリーズ、『MediEvil』の4作品で、PlayStationを代表するキャラクター達の頭部に使用されたポリゴン数についてまとめている。また、各タイトルで開発に携わったスタッフが、ディティールについてコメントや解説を寄せている。

(画像はPlayStation.Blogより)

 初めに、『鉄拳』シリーズの主人公「三島一八」。PlayStation版の『鉄拳』(1995年)では、推定で100以下のポリゴンしか使用されていなかった。

 一方で、最新作のPlayStation 4版『鉄拳7』(2017年)では、顔に2,800、髪と口内を含めれば6000ものポリゴンが使用されており、歴然とした差を感じられる。『鉄拳7』プロデューサーのマイケル・ムレイ氏は顔のしわや傷を表現することにより、「より正確に一八の人物像を映し出し、彼の物語を表現することができるようになった」とコメントした。

 次に『ゴッド・オブ・ウォー』の主人公、「クレイトス」の頭部に使われたポリゴン数が比較されている。PlayStation 2向けに発売された初代『ゴッド・オブ・ウォー』(2005年)では1200のポリゴンが使用されていたのに対し、PlayStation 3の『ゴッド・オブ・ウォーIII』(2010年)では5700、そしてPlayStation 4版『ゴッドオブウォー』(2018年)では32000個までポリゴンが増やされている。

(画像はPlayStation.Blogより)

 サンタモニカスタジオでアートディレクターを務めているラファエル・グラセッティ氏によると、これまで使用してきた技術から大きく進歩させるために、クレイトスのモデルを一から作り直したという。PlayStation 4の表現力では、筋肉の細かな動きやしわ、毛穴を再現できるようになったそうだ。

 3番目と4番目のキャラクターは、『モンスターハンター』シリーズから空の王者「リオレウス」と、ネコの姿をした獣人「アイルー」。PlayStation 2向けに発売された初代『モンスターハンター』(2004年)では、リオレウスは1,390、アイルーは144しかポリゴンを使用していない。

 初代の開発時より、「硬質な物は硬く、生物はより生物らしく」を目標に制作が進んでいたが、当時の技術では細かい質感や光の当たり方はテクスチャーとして貼り付けることしか出来なかったと、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』(2019年)でエグゼクティブディレクターとアートディレクターを兼任する藤岡要氏は語る。

(画像はPlayStation.Blogより)
(画像はPlayStation.Blogより)

 しかし、PlayStation 4では光の当たり方が自然になり、生物にとって重要な目の光反射など、生命感のある表現が出来るようになったという。頭部に使用されているポリゴン数もリオレウスで11274、アイルーで7852となっている。

 最後に、2019年のハロウィーンにおよそ20年ぶりの復活を遂げたアクションアドベンチャーゲーム『MediEvil』(メディーバル)だ。PlayStation向けに発売されたリメイク前の『MediEvil』(1999年)では、主人公の騎士「ダン」の頭部にたった60のポリゴンしか使用されていなかった。

(画像はPlayStation.Blogより)

 一方で、リメイク後の『MediEvil』では1734個のポリゴンが使用されており、Other Ocean Interactiveのアニメーターであるジャスティン・ローゼンタール・ケンブリック氏は、ポリゴン数が大幅に増えただけでなく”骨”の数が大幅に増したことにより、骸骨の騎士であるダンの感情表現をよりコミカルかつ、より豊かにできたことを冗談交じりに語っている。

 ハードウェアの世代交代で進化するのは単純な処理性能だけでなく、人間のキャラクターにその世界を生きてきた歴史を刻み込み、人間以外のキャラクターであっても活き活きとした姿を表現するアートデザインの進化でもある。次世代機では一体どんなアートデザインの進化を体験できるのだろうか。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧