Steamが2019年ベストゲームを発表。売り上げ上位でシングルプレイながら最多接続10万人を超えた『SEKIRO』や『Total War: THREE KINGDOMS』が健闘

 ゲーム配信プラットフォーム「Steam」を運営するValveは、2019年のSteamにてもっとも売り上げを出したタイトルやプレイされたゲームのリストを発表した。

(画像はSteam 「ベスト2019」より)
(画像はSteam 「ベスト2019」より)

 Steam全体での売り上げ上位トップ100は「2019年 年間ベスト 売上トップ」として公開。具体的なセールスデータは記されていないが、プラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズと4つの評価枠に分けられている。

 上位12本に当たるプラチナには『Dota 2』『Grand Theft Auto V』『モンスターハンター:ワールド』など、2018年にもプラチナにランクインしていた作品も多い。
 2019年に初めてランクインしたのは『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『Total War: THREE KINGDOMS』『Destiny 2』の3本。特に『Destiny 2』は、10月のリリースから2ヶ月足らずでのラインクインと好調のようだ。

 13位から24位に当たるゴールドには今年発売の『STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー』『BIOHAZARD RE:2』『Halo: The Master Chief Collection』が登場。低価格帯の作品では、今年リリースされた一人称視点剣戟ゲーム『MORDHAU』がランクインしている。

(画像はSteam 「ベスト2019」より)

 また、この売り上げランキングとは別に、2019年リリースの新作に絞った「2019年 年間ベスト 新作」も公表されている。「ベスト2018」では月ごとのトップがリストされるだけだったが、今年は年間全体の売り上げトップもリストされるようになった。

 トップの12本では、Steamで12月に発売されたばかりの『Red Dead Redemption 2』の好調な売り上げが目立つ。『CODE VEIN』『Remnant: From the Ashes』もランクイン。『STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー』『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』と、フロムソフトウェアのアクションゲームの血脈にある作品が多数ランクインしているのも、2019年の売り上げトップ作品の特徴と言えるだろう。

 アクションゲームが目立つ中、『Planet Zoo』が新作売り上げ上位にランクイン。評価の高い経営シミュレーションを開発するFrontier Developmentsの新作と言うことで、注目されていた作品だ。

(画像はSteam「ベスト2019」より)

 このほか、2019年のVRゲーム売り上げトップに、2018年も人気だった『Beat Saber』『VRカノジョ』『SUPERHOT VR』などが再びランクイン。新たにランクインしたのは2018年後半に発売された『Blade and Sorcery』『Zero Caliber VR』があるが、2019年12月発売の『BONEWORKS』の健闘は特筆に値するだろう。

 『BONEWORKS』は現実の物理法則を可能な限りゲーム内で再現しており、銃器や鈍器を使い戦うだけでなく、バールを引っかけて高所に上るようなことも可能といったリアルなゲームプレイが話題となった。

(画像はSteam「ベスト2019」より)

 2019年トップ早期アクセス卒業タイトルには、プラチナにはCrytekの開発するサバイバルマルチプレイシューター『Hunt: Showdown』『PC Building Simulator』、VRゲーム売り上げトップのプラチナにもランクインしている『Beat Saber』などが登場。

 中でも注目は、2013年にSteam早期アクセスとしてリリースされた『Space Engineers』が、6年の早期アクセス期間をついに卒業したことだろう。宇宙を舞台にしたマルチプレイサンドボックスゲームで、自分で製作した宇宙船や宇宙ステーションを利用し、惑星を探索、資源を集めて厳しい宇宙で生き残りを目指すゲームだ。

(画像はSteam「ベスト2019」より)

 2019年、10万人以上の同時接続数を達成したゲームは全部で12本。2018年に比べて2本多くなった。2018年はF2Pゲームやマルチプレイがメインのゲームが多い傾向にあったが、2019年はシングルプレイ専用の『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』と『Total War: THREE KINGDOMS』がランクインしている。

 PCゲーマー待望のPC版『Halo』シリーズである『Halo: Reach』もランクイン。マイクロソフトのプレスリリースでは、Xbox One版と合わせてローンチウィークに300万人がプレイしたと発表されている。

 2019年Steamトップゲームは、すべてストアページへのリンクや価格も併記されている。ウインターセールで何を買おうか迷ったのなら、上記のページから気になるゲームを探してみてはいかがだろうか。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧