Nintendo Switch版『198X』が1月23日発売。5つの80年代風アーケードゲームと思春期の少年の物語を描く

 ハチノヨンは1月23日(木)、Hi-Bit Studiosが開発したマルチジャンルゲーム『198X(イチキュウハチエックス)』Nintendo Switch版を発売した。価格は980円(税込)。なお、本作はすでに2019年6月にPC版(SteamGOG.com)がリリースされている。

(画像は『198X』日本語版公式サイトより)

 『198X』は1980年代、都会の外れにある町「サバービア」を舞台に、子どもと大人のはざまにいる思春期の少年「キッド」のストーリーパートと、80年代風に作られた5つのアーケードゲームの見せ場にあたる部分を実際にプレイできるゲームパートに分かれたユニークなゲームだ。

 『ビジランテ』(1988)のようなベルトアクションゲームをはじめとするアーケードゲームには、ゲーマーにはおなじみの設定と“鉄板”のシステムが用意されており、当時のゲームを彷彿とさせる本格的なゲームデザインとなっている。また、複数のアーティストによるサウンドトラックでは、エインシャントの古代祐三氏も参加し、楽曲を提供している。

(画像は『198X』日本語版公式サイトより)
(画像は『198X』日本語版公式サイトより)

 本作はプロローグ的位置づけの作品であり、今後Hi-Bit Studiosが開発中の新作へと続いていく予定だ。また、PC版への日本語ローカライズのアップデート、およびPlayStation 4版についても近日中の配信を予定している。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧