Netflixのドラマ『The Witcher』が小説とゲームの売り上げを500%以上増加させた、調査会社が報告

 Netflixのドラマシリーズ『The Witcher』が公開され、Steamでは『The Witcher 3: Wild Hunt』をプレイする人が急増し、ついにゲームが発売された2015年の人数を突破した事が報告された。

 ドラマの効果はゲームだけでなく、書籍の売り上げにも及んでいる。その結果を市場調査会社NPDが「エンターテインメント全体のウィッチャーの影響」として公開。この調査はアメリカ内のものとなる。

 このレポートでは最初にドラマ版の視聴者数を報告。米国内で『The Witcher』ドラマを少なくとも最初のエピソードの最初の2分間を視聴したユーザーは1900万人にものぼるという。Netflixは「配信後4週間で、およそ7600万世帯が『The Witcher』の第1シーズンを視聴した」と決算報告で発表している。

 ドラマ公開前の11月24日の週よりドラマの宣伝が始まり、その時点で書籍の販売数も増加。2019年12月のドラマ公開後2週間で、2018年の同時期と比較し物理書籍版『The Witcher』の売り上げは562%増加したという。

 これは11月にドラマ版『The Witcher』の元となった短編集「The Last Wish」のドラマタイアップバージョン書籍が発売されたことも大きな要因のようだ。このタイアップバージョンは2019年12月に最も売れた作品のひとつとなっている。

(画像はSteam『The Witcher 3: Wild Hunt』より)
(画像はSteam『The Witcher 3: Wild Hunt』より)

 ゲーム『The Witcher 3: Wild Hunt』はすでに高い人気を誇っており、2019年6月にCD Projekt Redは本作の累計販売本数が2000万本を突破したことを発表。同社が発売したすべてのゲームの販売本数4000万本のうち半分を占めるほどの人気タイトルだ。2019年10月にはNintendo Switchにも移植されている。

 ドラマやNintendo Switch移植などの要因が複合し、2019年第4四半期の売上は大幅に急増。2018年12月とドラマが公開された2019年12月を比較すると、物理パッケージ版の売り上げは554%増加したという。

 2021年より第2シーズンも決定しているドラマ『The Witcher』。主人公ゲラルトは書籍やゲームだけでなく、今後はドラマでも長く大活躍しそうだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧