Steam版『The Witcher 3』の同時接続数がついに発売当初を突破。10万人を突破高い評価を得たドラマ『The Witcher』がゲーム版の人気を再燃させる

 ドラマ版『The Witcher』公開後、プレイヤー数が増え続けていたSteam版『The Witcher 3: Wild Hunt』(以下、The Witcher 3)が、1月に入りついにピーク時同時接続プレイヤー数10万人を突破した。

 これは2015年の『The Witcher 3』発売当初の記録9万2268人を塗り替えるものだ。1月に入ってからは毎日同時接続数が9万人を超えており、発売以来の大盛り上がりを見せている。

(画像はSteamsharts『The Witcher 3: Wild Hunt』より)

 くわえて、『The Witcher 1 Enhanced Edition』(以下、The Witcher 1)と『The Witcher 2: Assassins of Kings Enhanced Edition』(以下、The Witcher 2)のプレイ人数も増加している。特に『The Witcher 1』の同時接続数はこれまで最大でも3000人を超える程度だったが、12月のピーク時同時接続人数は1万3000人近くまで増加した。

 11月から12月のピーク時同時接続数の増加割合は『The Witcher 3』が108%だが、『The Witcher 1』は253%と急増していることが分かる。ドラマを見た人々の中には、まずは1作目をプレイしようとする方も多かったのだろう。

 ドラマ『The Witcher』で主役のゲラルトを演じたヘンリー・カヴィル氏はゲーム好きで知られているが、ゲームと関連の深い作品に主演したことで再び彼のゲーム生活に興味を持つ人々が増えている。12月に公開された「The Rich Eisen Show」に出演したカヴィル氏は、自身のゲーム生活への質問に答えている。

 それによれば、氏はロンドンのあまり大きくない家に住んでおり、いわゆる男の隠れ家(Man Cave)のような趣味の部屋は持っていないとのこと。小さなリビングルームにコンピューターデスクが置いてあり、そこでPCゲームをしているという。

 特に好きなのはターンベースストラテジーにRTS要素を加えた『Total War』シリーズ。シングルプレイゲームを好んでプレイするが、マルチプレイゲームでは現在『World of Warcraft』『Overwatch』をプレイしている。これらのゲームのプレイヤーは仮想空間の中で氏と知らずに一緒に戦ったり、チャットを楽しんでいたかもしれない。

 ドラマ『The Witcher』はゲーム版と同じく高い評価を得ている。ゲームのゲラルトの声を演じたダグ・コックル氏もドラマを賞賛しており、映画評論サイトRotten Tomatoesではユーザーの平均スコア93%となっている。

 すでにドラマの第2シーズンの製作も決まり、今後もゲームファンがドラマも見て、ドラマファンがゲームもプレイするという幸せな共存関係が続くことが予想される。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧