釣りゲーにホラーを融合させた実験的作品『EARL’S DAY OFF』が無料配信中。魚たちが泳ぐ湖の底に潜むものとは

 Airdorfは、ホラーゲーム『EARL’S DAY OFF』を無料で公開した。本作は「釣りゲーム」と「ホラーゲーム」を組み合わせた、少しめずらしいジャンルの作品となっている。

 水辺には幽霊が集まりやすいという話を聞いたことがあるだろうか。大物を求めて早朝や深夜でも僻地に出かける釣り人にとって、怪談話は縁遠いものではないだろう。オカルトというのははばかられるが、釣り人が死体を発見するというニュースもたびたび報じられる。

 『EARL’S DAY OFF』も、釣り人にまつわる怪談話をテーマにしたような作品だ。主人公は、深酒をして結婚指輪を湖で無くしたある釣り人。
 妻から指輪が見つかるまで帰ってくるなと言われ、霧がかった湖に船をこぎ出す。しかし「アールの休日」(EARL’S DAY OFF)というタイトルの通り、彼は気にせず釣りを楽しみながらのんびりと過ごす。魚を釣り上げていれば、そのうち指輪を飲んだ魚も見つかるだろう。

(画像は『EARL’S DAY OFF』より)
(画像は『EARL’S DAY OFF』より)

 釣りゲームとして見ると本作はかなり単純な作りで、船を目標のポイントまで移動させ、左マウス長押しでどこまでルアーを飛ばすかを決定するだけだ。右クリックでルアーを巻き上げ魚をおびき寄せ、食いついたら釣り上げる。湖は澄んでいるため魚は丸見えだ。

 しかし、魚を釣りながら湖を探索すると、鍵や奇妙な肉片が沈んでいることに気がつくだろう。これらの不審な物体はゲームを先に進めるために重要なアイテムで、見つけたら魚で鍛えたテクニックで釣り上げたい。

(画像は『EARL’S DAY OFF』より)
(画像は『EARL’S DAY OFF』より)

 本作は雰囲気重視で大きな恐怖やびっくりさせる要素は少ないが、釣り糸一本でつなぎ止められたルアーが湖の深い場所まで沈んでいくのは不安感をあおられる。ニンテンドウ64やプレイステーション時代を思わせる3Dグラフィックも不気味さを増大させている。
 プレイ時間は15分から30分ほどのため、少し変わったホラーゲームを遊んでみたいという方は体験版を試してみるのもいいだろう。

 なお『EARL’S DAY OFF』は「Horror You Haven’t Played」(あなたがプレイしたことのないホラー)主催の「Fishing Horror Jam 2020」へと出展された作品であり、これまでいくつかのホラーゲームを作ってきたAirdorfと、ゲームデザイナーのトープル・ドゥーク氏によるコラボレーションから生まれた。このほかにも釣りとホラーをマッシュアップした作品がいくつか登録されているので、興味があればプレイしてみてほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧