サイバーパンク映画の金字塔『ブレードランナー』ゲーム版のリマスター化が決定。PS4とXbox Oneとスイッチ、PCで2020年末に発売へ

 Nightdive StudiosとAlcon Entertainmentは、1997年に発売したアドベンチャーゲーム『ブレードランナー』のリマスター版を『Blade Runner:Enhanced Edition』として2020年末に発売すると発表した。海外メディアhollywoodreporterを通じて伝えている。プラットフォームはPS4、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Steam)。

※1997年に発売されたオリジナル版のイントロ映像。映画で有名なオープニングがゲーム独自に再現されている。

 本作は1982年公開の映画『ブレードランナー』に基づいた作品だ。1997年にPC用に発売されたポイント&クリックアドベンチャーで、Westwood Studiosが開発を担当。海外では100万本を超える大ヒットを記録し、ゲーム自体も高く評価されている。

 ゲーム版の主人公はゲームオリジナルキャラクターのレイ・マッコイで、ストーリーは映画と同時並行的に進む。映画の舞台裏では、もうひとりの特別専任捜査官「ブレードランナー」がレプリカントを捜査していたという設定だ。映画と同じく検査装置を使ってNPCの中に潜むレプリカントを判定していくのだが、誰がレプリカントなのはゲームを開始するたびに変化する。さらにNPCはAIに基づいてそれぞれが独自の行動をしているのが特徴的だ。

(画像は「Blade Runner on GOG.com」より)

 ゲーム版ではハリソン・フォードこそ出演していないものの、ショーン・ヤング(レイチェル)、ブライオン・ジェームズ(レオン・コワルスキー)、ジェームズ・ホン(ハンニバル・チュウ)、ジョー・ターケル(タイレル博士)、ウィリアム・サンダーソン(J・F・セバスチャン)と、多数の映画に出演した俳優が映画と同じ役柄でボイスアクターを務めている。

 またゲームのグラフィックは、レンダリングされた美麗な背景に、3Dのポリゴンキャラクターを操作する『ファイナルファンタジーVII』に似たスタイルを取っている。当時、3Dのポリゴンキャラクターは『トゥームレイダー』などのアクション・アドベンチャーゲームでは使われていたが、アドベンチャーゲームでは珍しかったため、「リアルタイム・3Dアドベンチャーゲーム」と宣伝された。

(画像は「Blade Runner on GOG.com」より)

 実は本作は長らく「幻のゲーム」と呼ばれていたことがあり、海外の「移植して欲しいアドベンチャーゲームランキング」ではつねに上位に君臨してきた歴史がある。開発当時から現在まで権利関係が複雑であったほか、Westwood Studiosが移設する際にソースコードが紛失していたため、移植が困難という問題があった。

 だがファンの長い熱望のかいあって権利関係をクリアし、ソースコードの問題はScummVMを用いて製品の動作原理を解析するリバースエンジニアリングで8年間かけて移植に成功。2019年末、オリジナル版はGOG.comで発売されるに到った。

(画像は「Classic ‘Blade Runner’ Video Game to Be Restored For Consoles, Steam (Exclusive) | Hollywood Reporter」より)

 今回の『Blade Runner:Enhanced Edition』は、その移植作に基づいて、Nightdive Studiosの「KEXエンジン」で構築される。ムービーシーンはアップデートされ、画面サイズはワイドスクリーンに対応するという。

 なおオリジナル版は全編音声のみで字幕機能は存在しておらず、当時国内では日本語マニュアル版が発売されるにとどまっていた。今回のリマスター版でそういった機能が追加され、プレイする敷居が下がることにも期待したい。あわよくば、そこから伝説のゲームの日本語版がリリースされるまで繋がれば幸いだ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧