ポーランド政府が学生向けに政府公認の『マインクラフト』サーバーを立ち上げ。外出が制限される学生のオンラインでの学習や交流を支援するプログラムの一環

 新型コロナウイルスの感染拡大により、ポーランド政府は学生のオンラインでの交流のため、政府公認の『マインクラフト』サーバーを立ち上げたことを発表し)。ポーランド政府が取り組んでいる「GRANTANTNA」という学生向けオンライン学習プログラムの一環だ。

 このサーバーは誰にでも開放されているわけではなく、ポーランドの学生証を持ち、GRANTANTNAプログラムに登録した小学生から大学生までの学生が参加できる。

 ただサーバーを解放するだけでなく、23日から27日まで学生の作った『マインクラフト』クリエイティブモードの作品を対象にしたコンテストも行われる。参加者には60×60ブロック分の作品スペースが与えられ、第三者の権利を侵害しない限り自由に作品を作ることができる。
 優秀な作品は3月30日にサーバーを運営するNeverLight AssociationのFacebookページにて発表される。入賞者には賞品もあるようだ。

(画像はNeverLight Association公式Facebookページより)
(画像はNeverLight Association公式Facebookページより)

 国策としてビデオゲームに取り組むポーランドらしく、GRANTANTNA公式ページでは10歳以上向けの歴史クイズ、パズルのほか、TRPGのオンラインセッションやゲーム開発のオンライン講座、ゲームジャムまで予定が記載されている。

 ゲーム開発のオンライン講座は、Lublin GameDev Foundationが中心となりUnityの使い方とゲームデザインについてのふたつの講義が6日間行われる。ゲームジャムはitch.ioにてページが公開されている。ポーランドの学生作品に興味がある方はこちらのページで登録作品をチェックしてみてほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧