延期・中止が続く「F1」の代わりにeスポーツ競技が正式開催。業界内外のプロ選手や有名人も参戦、Twitchなどでも配信へ

 国際自動車連盟 (FIA)は日本時間3月23日(月)早朝、Codemastersが開発する公式ゲーム『F1 2019』を利用したeスポーツ競技「F1 Esports Virtual Grand Prix series」の様子をF1.comおよびYouTubeTwitchFacebookにて配信した。各サイトでは約1時間半の配信アーカイブを視聴可能だ。

(画像はSteam『F1® 2019』より)

 モータースポーツの世界選手権である「フォーミュラ1」(以下、F1)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、第1戦の「オーストラリアGP」から中止や延期が続いている。5月に開催予定の「オランダGP」および「スペインGP」は延期となったほか、「モナコGP」は中止が正式に発表された。

 今回のeスポーツ競技は、コミュニティの内外を問わないF1への興味関心の持続や、純粋なエンターテインメントを目的として開催される。現状では実競技の開催スケジュールに合わせて5月までの配信を予定しており、今回は3月下旬の開催を予定していた第3戦「バーレーンGP」の様子が中継された。もちろん、eスポーツ競技の結果はF1ポイント(実競技の成績)には影響しない。

(画像はSteam『F1® 2019』より)

 プレイヤーは2名の現役F1ドライバーをはじめ、実際のプロレーシングドライバーや2輪レーサー、若手ドライバーが操作する。このほか、オリンピックの自転車競技で史上最多6度の金メダルを獲得したサー・クリス・ホイ氏、プロゴルファーのイアン・ポールター氏、「ワン・ダイレクション(1D)」のメンバーで歌手のリアム・ペイン氏などの選手がプレイヤーとして参戦している。

 ルールに関しては「バーレーン・インターナショナル・サーキット」のコースを舞台に、実競技の50%となる28周のタイムを競う。ゲームの腕前はプレイヤーによって差があるため、マシンの調整や車両性能は全プレイヤーが同一のものを使用。また、車両損傷の軽減や急ブレーキ時の滑走を防ぐアンチロック・ブレーキ(ABS)、タイヤの空転を防止するトラクションコントロールの機能は「オン」の設定だ。

 なお、FIAはレース開催日ではない週末にも『F1 2019』のオンライン大会を主催し、世界中のファンがF1ドライバーと直接対戦できる機会を設ける計画を立てている。こちらについては、F1公式ソーシャルメディアアカウントより後日告知されるので、興味のある人はチェックしてみてほしい。

(画像はSteam『F1® 2019』より)

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧