『マインクラフト』で遊んで学ぶ教育プログラム「Education Collection」が無料公開。海洋生物学や宇宙ステーションの仕事など、12種のコンテンツを友人や家族と楽しめる

 マイクロソフトは統合版(Bedrock Edition)『マインクラフト』向けのマーケットプレイスに、教育を目的としたさまざまなアイテムを6月30日(火)まで無料でダウンロードできる「Education Collection」を追加したことを発表した。

 統合版『マインクラフト』は、AndroidおよびiOS、Kindle Fire、Windows 10 PC、Gear VR、Oculus Rift、Fire TV、Xbox One、Windows MR、Nintendo Switch、PlayStation 4で利用できる。

(画像はXbox公式サイトより)

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、多くの人が社会的距離を保ちながら、友人とのコミュニケーションを取る手段としてゲームを活用している。現状として、一斉休校などで外に出られない子供たちを中心に、『マインクラフト』の需要が前例にないほど高まっている。

 そんな中マイクロソフトは、多くの子供たちがオンラインで友達と過ごしながら遊びを通じて学び、なおかつ家族がそれを安心して子供に与えられる方法を模索していたという。それが今回「Education Collection」として結実した。

 「Education Collection」は『マインクラフト』のメインメニューのマーケットプレイスのほか、ブラウザからもアクセスできる。特に目を引くのはアメリカの首都のランドマークを再現した「ワシントンD.C.」。リンカーン記念堂やホワイトハウス、国防総省など17か所の有名な場所を『マインクラフト』で見て回ることができる。また、トリビアクイズでその場所について学ぶことも可能だ。

(画像はマインクラフト「ワシントンD.C.」より)

(画像はマインクラフト「INTERNATIONAL SPACE STATION」より)

 海洋生物学者の仕事が体験できる「MARINE BIOLOGIST ROLEPLAY」では、海洋生物を集める平和なスカベンジャーハントゲームや運転可能な潜水艦での海底散歩が楽しめる。

 このほか、レッドストーンの基礎を学べる「JIG’S GUIDE: REDSTONE BASICS」、人間の目の構造をゲームで再現した「THE HUMAN EYE」、都市計画ゲーム「LUMEN: CITY CHALLENGE」や国際宇宙ステーションの生活を体験できる「INTERNATIONAL SPACE STATION」など、親子で楽しめそうな12種のコンテンツが登録されている。

 新型コロナウイルスの感染拡大による外出の自粛や禁止により、ビデオゲームの存在はかつてないほど重要になっている。子供たちに愛され、かねてより教育にも力を入れてきた『マインクラフト』だけに、「Education Collection」の無償公開は多くの家庭にとっての助けになるだろう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧