船舶解体シム『Ship Graveyard Simulator』が発表。文字通りの“船の墓場”で危険と隣り合わせの解体作業に挑戦しよう

 PlayWayは、Games Incubatorが開発するシミュレーターゲームの新作『Ship Graveyard Simulator』を発表した。これにともない、Steamストアページとトレイラームービーも公開されている。

(画像はSteam『Ship Graveyard Simulator』より)

 『Ship Graveyard Simulator』は、廃船から部品とスクラップを回収する船舶解体の仕事を体験できるシミュレーションゲームだ。世界最大の「船の墓場」と呼ばれる場所を舞台に、プレイヤーは廃船を解体する作業員として、ひとつひとつの船をハンマーや溶接トーチで解体していく。崩落や有毒物質との接触、残留する引火性ガスによる爆発など、船のなかでは常に命の危険がつきまとう。

 解体によって回収した部品、スクラップは販売できるほか、船内で見つけたアイテムは他の部品やアイテムと交換することも可能。少しづつ設備をアップグレードしながらより巨大で、より危険な船の解体に挑戦していく楽しさがある。

(画像はSteam『Ship Graveyard Simulator』より)
(画像はSteam『Ship Graveyard Simulator』より)

 なお、執筆時点での配信時期は未定(TBD = To Be Determined)となっている。分解や解体、溶接の要素やシミュレーターゲーム自体に興味があればSteamストアページからウィッシュリストに登録し、続報を待つとよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧