延期・中止が続く「F1」の代わりにeスポーツ競技が開催中。F1の現役ドライバーや元世界チャンピオンも参戦し実競技さながらに白熱

 国際自動車連盟 (FIA)は4月5日(日)、中止や延期が続く「フォーミュラ1」(F1)の代わりに楽しめるエンターテインメントとして実施している「F1 Esports Virtual Grand Prix series」の第2戦を開催し、フェラーリ所属の現役F1ドライバーであるシャルル・ルクレールが優勝を飾った。

 シャルル・ルクレールは弱冠22歳の若さながら、2019年シーズンでは決勝レースでの先頭位置であるポールポジションの最多取得者となる実力者だ。一方で若さゆえに荒いドライビングが行われることもあるが、今回のバーチャルレースでは開催の8日前に購入した『F1 2019』を毎日5時間以上練習し、わずか1週間ほどで優勝を獲得するほどの高いポテンシャルを発揮した。

 Codemastersが開発する『F1 2019』には、2020年シーズンに初開催を予定していた第3戦「ベトナムGP」のコース「ハノイ・サーキット」は収録されていないため、今回は同様に開催が中止された第1戦「オーストラリアGP」より「アルバート・パーク・サーキット」でのレースとなった。

 「F1 Esports Virtual Grand Prix series」の第1戦「バーレーンGP」で参戦した現役F1ドライバーはランド・ノリスニコラス・ラティフィのふたりだけであった。しかし、第2戦ではこのふたりにくわえ、シャルル・ルクレールやアレクサンダー・アルボンアントニオ・ジョビナッツィジョージ・ラッセルが参戦。6人の現役F1ドライバーが普段とは少し異なる環境でハンドルを握った。

 さらに、ゲスト選手として2009年シーズンのF1世界チャンピオンであるジェンソン・バトンをはじめ、ストフェル・バンドーンエステバン・グティエレスなどの元F1ドライバーも登場した。また、F4ドライバーでシャルル・ルクレールの実弟でもあるアーサー・ルクレールや、F2ドライバーのクリスチャン・ランドガードといった下位カテゴリーの育成選手も参加している。

 決勝レースでのスタート位置(ポジション)が決まる予選レースでは、クリスチャン・ランドガードが1着でゴールしポールポジションを獲得。2着にシャルル・ルクレール、3着にジョージ・ラッセルが続いたが、ランドガードは予選中にトラック・リミット(走行が許されるコースの限界幅)を超えていたため、ペナルティを受けて6番手でのスタートとなった。

 つづく決勝レースでは、繰り上げでポールポジションを獲得したシャルル・ルクレールがアドバンテージをうまく活かして独走でフィニッシュ。14秒差で2着にはランドガードが入り、5周目でタイヤが空転(スピン)してしまったジョージ・ラッセルが3着でゴールした。

 また、ジョージ・ラッセルのマシンに接触し7位に転落しながらも、後半で順位を追い上げたアーサー・ルクレールが4位でのフィニッシュを決めている。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧