『あつまれ どうぶつの森』で『ポケモン』の印象深い場所を再現。1ばんどうろ、廃人ロード、なぞのばしょ。作者の『ポケモン』愛を感じる動画公開。

 『あつまれ どうぶつの森』のマイデザインが、多くの人々の創造性を刺激し続けている。ゲームの世界を再現する可愛らしいジオラマ製作で知られるTwitterユーザーのろぜ氏が、今度は『あつまれ どうぶつの森』で「レッド・グリーン」から「ダイヤモンド・パール」までの『ポケットモンスター』(以下、ポケモン)のマップを再現して大きな話題となっている。

 動画では初代『ポケモン』の「1ばんどうろ」が当時を懐かしく思い出させてくれるモノクロのグラフィックで再現されており、40秒ころからはポケモンをふ化させるために多くのプレイヤーが往復したという、いわゆる「廃人ロード」と呼ばれる道路を見ることができる。

 また、動画の最後には、『ポケモン ダイヤモンド・パール』の裏技で行ける「なぞのばしょ」が再現されている。波乗りバグを利用して行ける暗黒世界で、特定の操作を行うと、伝説のポケモン「ダークライ」の住むしんげつじまにワープできるというものだ。
 インターネット上にはデマ情報も多く、多くのプレイヤーが泣かされたバグでもある。それだけに印象に残っている方も多いだろう。

(画像はろぜ氏のTwitterよりキャプチャ)

 すべてが「マイデザイン」による2D絵ではなく、建物や地形を利用してゲームの雰囲気が再現されている。マイデザインが上限50枚なので、こうしたテクニックを使って補っているようだ。また、動画では廃人ロードを往復したり、むらびとがほとんど斜め方向への移動しないという点も楽しい仕掛けとなっている。『ポケモン』シリーズは完全3D化する『ポケモン X・Y』まで斜めの移動はできなかった。
 単純にマップとして再現しているだけでも楽しいが、こうした細かいネタを探すのも楽しく、1分の動画だが何度も見返したくなる。

 リプライでは当時を知るプレイヤーからの多くの賞賛が寄せられており、「廃人ロード」や「なぞのばしょ」への反応も多い。また、『ポケモン ブラック・ホワイト』が無いことを嘆く声もあるが、上限が50枚のマイデザインではすべてに手を出すのは難しかったようだ。マイデザインの上限解放を望む声は多いので、アップデートで追加されることを願うばかりだ。

(画像はろぜ氏のTwitterよりキャプチャ)

 『あつまれ どうぶつの森』で思い出の場所を再現するプレイヤーは多い。『ポケモン』のマサラタウン『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の全体マップなど、力作が目白押しとなっている。
 ゲームでなにを作ろうかと迷っている方は、思い出の場所を再現してみるのはいかがだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧