2DアクションADV『ITTA』がNintendo Switchで配信開始。弾幕を繰り出す熾烈なボスを、少女イッタと白猫のコンビが突き進む

 Armor Games Studiosは、2Dアクションゲーム『ITTA』Nintendo Switch版の配信を開始した。価格は税込1520円。Steam版も4月23日(木)から配信される。

 『ITTA』の舞台は不思議な庭園。ある日、少女「イッタ」が目を覚ますと、なぜか家族が血まみれの姿で死んでいる。なぜ自分がここにいるのか、なぜ家族が死んでいるのか、なにもわからず戸惑っているイッタの前に、幽霊のようにふわふわと浮いた白いネコが現れる。イッタがネコに導かれた先には、恐ろしい力を持った怪物が。この怪物を倒すと、家族は戻ってくるのだろうか。何もわからないまま、イッタは父が遺したリボルバーを片手に立ち向かっていく。

 本作は、ピクセル調のアートデザインを特長とする2Dアクションシューティングゲームで、初代『ゼルダの伝説』『Nuclear Throne『Titan Souls』といった作品から影響を受けている。敵は18体のボス戦のみで構成されており、敵が繰り出す大量の弾幕を避けつつダメージを与える、いわゆる「“弾幕系”シューティング」の要素を持つ。最初の武器はリボルバーだけだが、ゲームの進行に応じて爆弾などの装備がアンロックされていく。

(画像はマイニンテンドーストア『ITTA』より)
(画像はマイニンテンドーストア『ITTA』より)
(画像はマイニンテンドーストア『ITTA』より)
(画像はマイニンテンドーストア『ITTA』より)

 開発を担当したインディースタジオGlass Revolverは、Jacob Williams氏が単独で運営しているスタジオで、今作が商業デビューとなる。ストーリー重視のゲームではないが、少女イッタの個人的な戦いをテーマに「ほかではない体験を提供したい」と語っている。

 『Hyper Light Drifter』『Titan Souls』など、昨今のインディー2Dアクションを愛好している人なら、プレイするのはマストな作品といえそうだ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧