『Amnesia: The Dark Descent』がEpic Gamesストアで5月1日より無料配布。“何か”から隠れつつ進むサバイバルホラー作品

 Epic Gamesは、自社が運営するゲームプラットフォームのEpic Games Storeにおいて、一人称視点ホラーゲーム『Amnesia: The Dark Descent』を5月1日(金)から無料配布する予定であることを発表した。

 『Amnesia: The Dark Descent』は、スウェーデンに拠点を持つインディーゲームスタジオ「Frictional Games」が開発したホラーゲーム。同社は『SOMA』『The Penumbra』シリーズといった戦闘を行わない形式のサバイバルホラー作品を制作することで知られており、本作においてもこのスタンスが継承されている。

 操作キャラクターである若い男「ダニエル」は、誰もいない「ブレネンブルク城」の暗い広間で目覚める。記憶障害の状態にある彼が思いだせるのは「自分の名前」「“何か”に追われていた」事実だけ。プレイヤーは“何か”の存在に注意を払いながら、ダニエルを「ある場所」まで連れていかなければならない。

(画像はSteam『Amnesia: The Dark Descent』より)
(画像はSteam『Amnesia: The Dark Descent』より)

 彼は武器を持っていないため、“何か”に見つかったとしても立ち向かう選択は用意されていない。知恵を絞り、物陰で息をひそめて“何か”から隠れて進むのが本作での基本行動となる。また、本作には「正気度」のステータスがある。「正気度」は「ブレネンブルグ城」の暗闇に長く居すぎたり、恐ろしいものを見てしまったりすると減少していく。正気を失えば幻覚や幻聴によって冷静さを欠き、より危険な状況へと巻き込まれることになるだろう。

 Frictional Gamesが使用するゲームエンジンには、小説家であるハワード・フィリップス・ラヴクラフトのイニシャルである「HPL」が入っており、本作も同氏の短編小説『The Outsider』から影響を受けていると考えられる。現在は新作となる『Amnesia: Rebirth』が2020年発売に向けて開発中なので、興味があれば一度『Amnesia』シリーズの作品に触れてみるとよいだろう。

(画像はSteam『Amnesia: The Dark Descent』より)
(画像はSteam『Amnesia: The Dark Descent』より)

 なお、4月24日(金)から5月1日(金)午前0時まではIronOak Gamesのターン制ストラテジーゲーム『For The King』が無料配布中だ。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧