1987年のファミコンRPG『星をみるひと』がNintendo Switchで2020年夏に発売決定。魅力的な世界観と、凶悪な難易度を誇る伝説的RPGが、まさかの復刻

 CITY CONNECTIONは、SFロールプレイングゲーム『星をみるひと』を2020年夏に発売すると発表した。プラットフォームはNintendo Switch。価格は990円。1987年にファミコンで発売したRPGの移植作となる。

 本作は荒廃した未来の巨大都市「あーくCITY」が舞台。人類を管理するスーパーコンピュータ「クルーIII」は人類をマインドコントロールしており、人々の記憶から抹消されている。このマインドコントロールが効かないのが新人類「サイキック」だ。このサイキックである超能力を持つ4人の子どもたちが、世界の真の姿とは、スーパーコンピュータと何なのかを解き明かすストーリーが描かれる。

 このようにとても神秘性に満ちた魅力的な世界観なのだが、1987年の当時のファミコン通信(現、ファミ通)のクロスレビューでは19点を低評価を獲得。凶悪ともいえる理不尽な戦闘バランス、最初の街に辿り着くまでも一苦労、さらにはヒントも少なく、ゲームを続きからするパスワードの入力も困難と、さまざまなシステムがゲームを進めることを困難にさせており、しばしば「クソゲー」と評される作品である。

 今回のNintendo Switch版は、忠実な移植になっていそうだが、パスワードなどはセーブ形式になっているのか、戦闘バランスなどはそのままなのか気になるところだ。なお公開されたトレーラーにおいても、戦闘に負けて主人公が死亡するという内容になっている。

(画像はYouTube「【Nintendo Switch】『星をみるひと』Hoshi wo Miru Hito – Teaser Trailer」より)
(画像はYouTube「【Nintendo Switch】『星をみるひと』Hoshi wo Miru Hito – Teaser Trailer」より)
(画像はYouTube「【Nintendo Switch】『星をみるひと』Hoshi wo Miru Hito – Teaser Trailer」より)
(画像はYouTube「【Nintendo Switch】『星をみるひと』Hoshi wo Miru Hito – Teaser Trailer」より)

 公式サイトでは、参加型企画として『星をみるひと』に関する壁紙用イラストをユーザーから募集するというキャンペーンを開催。もれなく優秀な人には、ゲーム内の壁紙設定やメニューからのイラスト閲覧として実装されるほか、公式サイトに掲載される。また参加者全員には、「星をみるひと 特製缶バッジ」がプレゼントされるので、我こそはという人は募集してみるといいだろう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧